2017-02-25

風の如く 高杉晋作篇 : 富樫倫太郎

『風の如く 高杉晋作篇』 富樫倫太郎

 梅の花が香るとやはり高杉晋作の面影がちらつく。「久しぶりに高杉晋作モノを読もうか」と思っていたところにちょうど目についたこの小説、読んでみたのだが・・・。

 あくまでもこれまで読んだことのある作品の中での話なのだけど、こと高杉晋作に関しては小説よりも評伝などを読む方がよほど面白いというのはどういう訳だろう。

 高杉晋作という複雑奇妙な人物をじっくり見つめ描き出した司馬遼太郎の『世に棲む日日』や、晋作に近しかった人物たちに追憶という形で語らせ、晋作と妻マサの絆を浮かび上がらせた竹田真砂子の『三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子』など魅力的な小説もあったが、中には夭逝した天才的革命児のストーリーとして単純化されすぎて「味気ない」と感じてしまう小説もある。

 その一方で評伝にはハズレがないというか、そこに記された晋作の長くはない一生は「小説より奇」なることの連続だし、遺された日記や手紙は、折り目正しいかと思えば破れかぶれ、激情家かと思えば非常にはにかみ屋の気遣い屋、面倒くさいが猛烈に愛しい晋作の人物像を妄想させてくれるのである。

 本作は四国連合艦隊との講和から功山寺決起~四境戦争の勝利までをコンパクトに描く。圧倒的に不利な状況をくつがえし連戦連勝の神がかり的活躍をみせながら身体は病に蝕まれていく晋作の悲壮な姿、そこに滲む誰とも分かちえない孤独は切ないが、「評伝には及ばない」という類かもしれない。

 とはいえ、同シリーズの『吉田松陰篇』『久坂玄瑞篇』も読んでみようかなという気にはなっている。

【過去記事】
『三千世界の烏を殺し-高杉晋作と妻政子』http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-439.html

『世に棲む日日』http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-629.html




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2017-02-11

天地明察 : 冲方丁

『天地明察』 冲方丁

 気持ちの良いものを読んだ。

 この世に遍く満ちる神気。驚きと感動と畏敬の念をもって世界に相対する若者の清新な姿。自らの情熱と才能の全てをもって天地に触れる幸福。

 算術と星に魅せられた煌めく才能を持つ若者・渋川春海。城の碁打ち=安井算哲としての自分に飽き足らず、真の己の発露の場を願う春海が戦うことになる生涯をかけた大勝負。

 「改暦」という国の一大事業によせて、玄妙なる天地の運行、数理の美しさ、それらに魅せられ真摯に挑む人々の姿が描かれる。時と人と縁と才能に恵まれて、天と地と時を相手にした勝負に自分を発揮し尽くし、事を成就させるとともに、長年夢見た自分だけの居場所〝春の海辺”に至った春海。かなり理想化されたエンターテイメント小説だとは思うけど、「世界」と「人」の美しさにこれでもかと泣かされる作品だった。

 ・・・ただ一方で、新しいものを理解せず、変化を受け入れず、旧いものへの愛着を捨てられないものへの作者の態度があまりにそっけなく、冷たく感じられるのには少し寂しい思いがした。


 北極出地の旅の場面をはじめ、映像がありありと浮かんでくる作品だったので、映画も見ようかな・・・とキャストを調べたら、孤高の算術家・関孝和役が猿之助さんだった。見ねば。

 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-01-28

戦闘妖精・雪風(改) : 神林長平

『戦闘妖精・雪風(改)』 : 神林長平

 森博嗣の『スカイ・クロラ』シリーズを読んだときに、なんだかセットのようにそのタイトルを目にすることが多かった『戦闘妖精・雪風』。気になっていた作品をやっと読むことができた。

 本当に「敵」なのかどうかすら定かでない正体の曖昧な「敵」と闘うため戦闘機と一体になって飛ぶものたちの物語・・・という点は確かに『スカイ・クロラ』シリーズと共通しているけれども、理解されることを拒み、空を飛ぶこと以外のものを削ぎ落とし、どんどん軽く、純粋に研ぎ澄まされていくかのような〝大人にならず永遠を生きるキルドレ(子供)”と、雪風のパイロットである深井零中尉の在り方は随分違う。深井中尉は自分の孤独をぴったりと埋めてくれるもの、魂の片割れを人間ではなく戦闘機に見出したというだけで、その存在はとても人間的だ。人間相手では自分の孤独は満たされないのだとダダをこねつづけているようにも見える深井中尉はある意味大人になれない永遠の子供だともいえるが。

 計算能力や運動能力だけでなく知性や感情、勘といったものまで、あらゆるスペックにおいて機械が人間を上回るようになったとき、人間性や人間そのものの存在意義はどこにあるのか。人間よりも機械とのコミュニケーションの方が得意で心地よいと感じる人間はザラにいる。

 物語を読んでいる最中も、作中のジャーナリスト・リン・ジャクスン女史のように言葉のすべてに自分の感情をのせてくるような人間よりも、理性的で合理的な機械の方がクールでいいと思う瞬間がある。まぁ、ここで言ってる「理性的」とか「合理的」ってのは人間である私が思う「理性的」や「合理的」であって、機械にとっての「理性的」「合理的」はまたまったく様相が違うのかもしれないけど・・・。

 機械との共存なくしては社会がなりたたない、人間の肩代わりを機械が人間以上にやってのけるという状況を人間自身が作り出している中で、それが意味のあることなのかどうかはわからないが・・・「人間という存在を思うことができるのは人間だけだ」と物語は訴えかけてくるようだ。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-01-07

人生は賢書に学べ  読み切り 世界文学 : 著・山本史郎 イラスト・大竹守

『人生は賢書に学べ  読み切り 世界文学』 著:山本史郎 イラスト:大竹守

 この本を読むべきか否か、かなり迷ったのだ。世界の名作をあらすじで読んでしまっていいものか? だから、手に取って読み始めた後もずっと言い訳を考えていた。

 なにごともやらないよりは、やった方が得るものがある(多分)・・・よね?
 
 そもそも私は、外国文学なんて小さい時分にお子様向け世界名作全集的なものを読んで以来ほとんど読んでこなかったんだから、たとえあらすじだけでも読んでおくにこしたことはない・・・と思う。

 ゆるぎない世界的名作といっても、若いうちに読んでこそ大きく響くものがある作品ってのはあるはず。今さら読んでも遅そうな作品をあらすじだけ読んですましちゃうってのもいいんじゃない? 残りの人生で読める本の冊数なんて限られてるんだしさぁ・・・。

  ・・・とか何とか。

 実際、あらすじだけで何かをキャッチするためにはかなりの想像力が必要なわけで、「グレート・ギャッツビー」なんかは、あらすじを読んだだけではいったいなにが何なんだか、どのあたりがいいとこなんだかちんぷんかんぷん。「異邦人」や「百年の孤独」や「戦争と平和」のように、あらすじを読むだけでそれぞれに、すべてに倦んだような気分や、なんだか過剰に溢れ出るもの、大河ドラマのようなスケールの大きさと重層的なストーリーの厚みを感じさせるものもあったけど。 

 「若きウェルテルの悩み」「白鯨」「ライ麦畑でつかまえて」「百年の孤独」「戦争と平和」「ホビット」「神曲」「レ・ミゼラブル」他、18篇を収録。「読んだ方がいいんだろうな。」と思った作品はいくつかあった。でも、実際に読めるかどうかは・・・わからない。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-12-14

忠臣蔵 もう一つの歴史感覚 : 渡辺保

『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』 渡辺保

「忠臣蔵」はなぜこれほどうけるのか。「忠臣蔵」をつくったのは本当はだれなのか。
 
 歴史的事実と人々の幻想が綯交ぜになって生まれた「忠臣蔵」という物語そのものを狂言回し的な位置に配して、そこに関わった人々の姿、生き様、そこで起こった出来事をたどり、その深層を見つめる。

 武家社会での出来事に「金」と「恋」という市井の感覚を持ち込んで忠臣蔵の基となる芝居を作劇した吾妻三八。歴史上の大石内蔵助を芝居の大星由良之助へとつくりかえ完成させていった宗十郎、菊五郎、九代目團十郎の芸と精神。おかるを演じてその恋を体現し自らも恋に生きた中村松江。竹田出雲ら竹田一族がからくりの技術を通して得た世界観とドラマづくりのシステム。元禄十四年三月十四日、元禄十五年十二月十四日、元禄十六年二月四日、それぞれの日に現実の世界で起きた出来事。

 ひとつひとつが「忠臣蔵」をめぐって息づく小宇宙。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-12-03

有頂天家族 二代目の帰朝 : 森見登美彦

『有頂天家族 二代目の帰朝』 森見登美彦

「我が子が鍋に落ちそうだっていうのに、どうして父上は笑ってるんです?」

「我々は狸だ。笑うべきでないときなどない」

「狸というのは健気なものだね」

 天狗と狸と人間の三つ巴でぐるぐる回る浮世の物語『有頂天家族』第二弾。

 落魄の老天狗・赤玉先生こと如意ヶ嶽薬師坊の二代目が突如欧州から帰国した。かつて三日三晩にわたり天地をどよもす大喧嘩をやってのけた父子の再会に京都の街は緊張を高める。一方、狸界では陰謀渦巻く果てしない覇権争いが続き、人間界では狸を喰らう怪人たちが暗躍する。そんな中、糺の森の下鴨四兄弟にもそれぞれに狸生の岐路がおとずれ・・・。

 考えてみれば、なかなかにハードな暴力と愛憎の物語なのに、舞台を右往左往しているのがふはふはした毛玉たちだというだけで、こんなにものほほんとした気持ちで読めるものか。

 己が身体に流れる阿呆の血をいかんともしがたい狸たちの笑いには、したたかさと無力さ、喜びと哀しみが混然一体となっていて、とても切ない。

『有頂天家族』感想http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-281.html



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-11-19

オーケンの散歩マン旅マン : 大槻ケンヂ

『オーケンの散歩マン旅マン』 大槻ケンヂ

 大槻ケンヂの古いエッセイ、再読。

 このところ日々のホントに小さな小さな小さな・・・ストレスの蓄積で心がささくれだってる自覚があったので、何か優しいものを摂取したかったのだ。

 オーケンが色々と大変だった時期に書かれたエッセイが多いようで、全編に漂うローな感じが、あまり好調とはいえない今の私には心地良い。

 バンドのツアーでいろんな街に行く。何もかもが嫌になってふらりと旅に出る、ぽっかり空いた無為な時間にほてほてと散歩する。バッグには何冊かの旅友本。

 どれも穏やかに凪いだ気持ちにさせてくれる、うら寂しくも思いやりに満ちたエッセイの中で、白眉は(というと大袈裟だろうか)「熱い湯にとっぷりとつかりたい」と思い立ったことから始まった一日の顛末を書いた「熱海の手前でカレーを食べた」

 都内の温泉に行こうと最寄の駅に向かったはずが、駅ビルで文庫本を2冊買うとどこか遠くに行きたくなりそのまま熱海へ。駅ビルで買った本を車中で読みつつ(ここでの小さく「!」なエピソードは本好きにとってはプチご褒美的なワクワクする話)、「海が見えた」と降りたったのは熱海より少し手前の駅で・・・。あまりにさらさらとした純粋に自由な一日が、色々な関係やつながりから切り離されてしまった(あるいは自ら断ち切った)寄る辺のなさを際立たせて、ちょっとたまらない気持ちになる。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-11-05

雷の季節の終わりに : 恒川光太郎

『雷の季節の終わりに』 恒川光太郎

 恒川光太郎の描く世界に触れると、いつもどこか傷つけられたような気持ちになる。だが、その傷は必ずしも不快なものではなくて、むしろ切なく懐かしい。

 この世の地図からは隠された地「穏(オン)」 ~ 春夏秋冬の他にもう一つ、雷の季節を持つ世界。雷の季節に起こる不思議は魔物の仕業。公然と語られることはない「穏」の闇。風の魔物「風わいわい」憑きの少年・賢也にふりかかる数奇な出来事と、その残酷な運命を生き延びた少年の物語。

 賢也少年は残酷な異界を生き延びた。しかし、彼の進んだ道は彼の意志や力によって拓けたものではない。圧倒的な力はいつも世界の方にあって、少年は世界の巡り合わせの中でいくつかの選択を強いられたに過ぎない。

 旅の終わりはどこか虚ろだ。異界を行く賢也と共にあったもの・・・風にのって様々な生を渡る不死の鳥~呪いであり祝福でもある「風わいわい」も去った。そして通り抜けてきた異界は怖ろしくも懐かしい。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-10-22

青蛙堂鬼談 : 岡本綺堂

『青蛙堂鬼談 - 岡本綺堂読物集二』 岡本綺堂

 「青蛙堂主人」を名乗る好事家に招かれた男女が一つずつ怪談を語るという体裁で十二のお話しを収めた『青蛙堂鬼談』と、附録として「梟娘の話」「小夜の中山夜啼石」の二篇。

 タイトルは「鬼談」となっているが「奇談」とも「綺談」とも呼べそうな、不可思議で怖ろしい、とともにどこか風雅の香りのする怪談集。

 往来の多い渡し場のある利根川の岸に立つ座頭(「利根の渡」)。夏~秋~初冬と移っていく信州の山の季節感(「兄妹の魂」)。上野広小路の道端に薄い蓙をひいて夜店を出す落ちぶれた浪人風の男(「猿の目」)。満州の戦地の村の柳(「窯変」)。竹藪が繁り狸や貉の棲家であった明治半ばの新宿あたりの様子(「黄い紙」)。月夜に冴える笛の音と月光に照らされる芒の河原(「笛塚」)。泣き弱ったこほろぎの声がきこえ、九月の末でも火鉢をひき寄せたいくらいの夜寒がしみる白河の旧家の奥座敷(「龍馬の池」)。

 情景の描写が鮮やかで艶めかしく、昔の歌や物語の舞台になった土地に心が旅するような楽しみもある。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-10-08

マインド・クァンチャ - The Mind Quencher : 森博嗣

『マインド・クァンチャ - The Mind Quencher』 森博嗣

 物語が始まった時、ゼンは「自分が何者であるかを知らない若者」だった。絶え間なく思考することで自分という存在を、自分が存在する世界を量り、都へ向かう旅の途中で人と出会い交わって世の中の仕組みや様々にからまる人の思惑というものを知り、幾多の強敵と刀を交え、その軌跡のひとつひとつを身体に刻み・・・

 ゼンの行く道筋は螺旋を描くように一周し、彼はまた「自分が何者であるかを知らない若者」となった。だがその自然な在りようは、「私」というものについて思考することで「私」を見出していた旅の初めの彼とは位相を異にしている。

 剣の道を究め、究めて行き着く先・・・そこでは、思考する「私」は消える。「無」・・・それは死に近い。剣の道の究極にある「無」と自分がこの世の中で生きていることの矛盾。何だか仏教的な問いだ。ゼンはいつか答えを見つけるだろうか。

 あまりにも大きな人々の思惑に関わることになってしまったゼンの行く末が少し心配になった。だが、ゼンはそのような思惑には関係なく、自分に見える道を行くのだろう。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ