FC2ブログ
2013-04-06

エムブリヲ奇譚 : 山白朝子

『エムブリヲ奇譚』 山白朝子

 庶民が旅を楽しむようになった世の中。土地の名物、温泉の効能、道中のあれこれを記した旅本の作者であり、人に知られていない景勝地や温泉地を訪ねては旅をする和泉蝋庵にはとんでもない迷い癖がある。一本道を進んでいるはずが気づくと元いた場所に戻っており、十日はかかるはずの町には半日で辿りつき、山道を登っていたら広々とした海に出くわす。付き人として和泉蝋庵と旅を共にする「私」は、いつも蝋庵の迷い癖に巻き込まれ・・・

 一日中霧が立ち込める物の形も人の姿も曖昧な町、青い石と共に生まれ変わる少女、人の顔をした魚の獲れる村、あるはずのない橋が架かる崖、人を食う山賊の家・・・。道に迷った果てに、和泉蝋庵と「私」が辿りつく「ここではない何処か」。

 その奇妙な場所で、「私」は、生きている胎児を拾い、霧の中の温泉で死者と逢い、無垢な生き物を手にかけて殺し、死んだはずの男と取り違えられ、極限の惨劇を体験する。

 ただ部屋で酒を飲んでごろごろしていたいと思うような男である「私」。何か仕事をしようとしても長くは続かず、世間からはろくでなしと思われ、やめられない博打の借金はかさむ一方。わけがわからず、時に命の危険にさえさらされるような蝋庵との旅は、「私」にとって怖ろしく、厭わしく、呪わしいものであるのだが・・・

 現世で上手く生きられない「私」は「ここではない何処か」に魅入られる。「私」にとって、そして「私」の後を追うようにこの物語のページを捲る者にとって、和泉蝋庵との旅の先にある「ここではない何処か」は、寂しく哀しい陶酔の内に在る。



 山本タカト氏の表紙絵がまた・・・“連れていかれたい”気持ちにさせるのですよ。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-02-23

戯史三國志 我が土は何を育む : 吉川永青

『戯史三國志 我が土は何を育む』 吉川永青

 九度目の北伐に向かう蜀軍を率いる姜維の陣に参じた老将・廖化(廖淳)の胸には、もはや終わりの見えた蜀の滅亡を受け入れるべしとの思いがあった。師・諸葛亮から託された国を保つために先の無い戦いを繰り返すしかない姜維は、劉備らとともにこの国をつくりながら、今、すすんで国を畳むことを説く廖化の心を質す。姜維にこたえて廖化が語る劉備らと共に駆け、戦った日々と、その中で育んできた想い。


 作者の、女性の・・・というか、男女の関係の描き方が苦手だ。大切な男の為に我が身を犠牲にする女。そうして身を犠牲にし心を狂わせた女を、殺すことで救ってやろうと思う男。これが男女逆だったとしても同じように嫌なんだが・・・。本作でも、主人公・廖淳が曹操軍の兵士に凌辱され気のふれた、愛する義姉を手にかけるシーンが冒頭に描かれていて、ちょっと・・・萎えた。

 ・・・とは言え、劉備一味のキャラクター造形が面白く(『蒼天航路』と似ているとの指摘もあるようだけど、私は読んだことがないのでよくわからない)、それをスパイスにしてストーリーを楽しむことができる。

 武侠の頭から計算高く周囲を利用してのし上がってた劉備は、侠気あふれるカリスマであるが、その実、智恵も武勇もない戦下手。圧倒的な武勇を誇るものの、傲慢で狭量、とてもじゃないが兵を預かり軍を動かす将の器じゃない関羽。人間味があり関羽よりはいくらかマシだが、やっぱり将としては物足らない張飛。四角四面な趙雲。怪物的な知能+元来のSっ気に加え、民を救おうとした叔父を民に殺された過去のいきさつにより心の壊れた、ある種の冷酷さを持つ(その冷酷さを自覚する故に、情に傾きがちな劉備にはできぬことを背負う覚悟のある)諸葛亮。

 黄巾の子として生まれ、戦乱の中で劉備に拾われた廖淳は、一味の中で成長し、戦に駆け周り、多くの人を、国を知り、そして想う・・・人は何によって生きるのか・・・。

 廖化の想いが、綺羅星のごとき英雄たちの去った後に残された劉禅の内に穏やかに結実したことを語るラストが、切なくほの温かい余韻を残す。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-02-16

戯史三國志 我が槍は覇道の翼 : 吉川永青

『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』 吉川永青 

 「戯史三国志」二作目の主人公は孫家三代を支えた武将・程普。第一作『我が糸は誰を操る』より格段に興奮度が高いのは、登場人物がアツい武闘派揃いだからか、作者の筆に強さと余裕が加わった為なのか、それとも程普が孫堅を好きすぎるせいなのか。

 程普と孫堅が黄巾と官軍の将としてまみえるところから赤壁の戦いまで・・・話は少し駆け足で進む。快男子・孫堅に惚れ、その大望の一翼たらんとして駆けまわった程普らアツい漢たちのストーリー。


 長沙の太守となった孫堅が勢力を拡大する手始めとして、自分を軽く見る荊州刺史・王叡への示威も兼ね、叛乱の首魁・区星を奇計を用いて討つくだり ~ 礼服を纏った孫堅と旗下の黄蓋、韓当、程普が、大剣、薙刀、槍、それぞれの得物を手に区星の軍勢に躍りこんでいく。

 ・・・これ、確信犯的なサービスシーンだよねぇ。「荒くれ男」+「礼装」+「ゴツい武器」というシチュエーションにモヤモヤと疼いてしまう・・・“そういう”人たちへの。孫堅たちの礼装は、刺史を迎える宴のためでもあろうし、乱戦の中で味方の弓兵に誤射されるのを避けるためだったとか、もっともらしく書いてあるけど・・・ねぇ。何だかニヤニヤしてしまうよ。

 サービスといえば、曹操の悪食も。「蟻の天日干し」「羊の脳の塩漬け」「蝉の煮つけ」など、好物のゲテモノが詰まった瓶を嬉しそうに持ち歩き、他人にウキウキと振る舞っては迷惑がられる曹操。これも、完璧すぎる感じのする曹操への愛すべきキャラづけ、なのかな。

 孫堅のことが大好きすぎて、なかなか孫策と思いがかみ合わない程普。周瑜との心情的な確執もあり、孫策時代には熱血度は少しトーンダウンするが、志半ばにたおれた孫策の跡を弟・孫権が継ぐと、己が非を悔い改めた程普が、老骨に鞭打ってまたも激しく燃える! 孫権ってどうも孫堅や孫策に比べて見劣りするってイメージがあったんだけど、本作では、老いて頑なになった程普をふるわせるほどの大器。切れ者であるだけでなく情にも篤く、歴戦の荒くれ武者たちを心服させ従えるのだ。孫権、いい役もらった。

 ところで、一本気な程普から見れば、まわりの色に合わせて自らの色を変えながら、じわじわと周囲を蝕む劉備は「毒蛙」。藤水名子の『赤壁の宴』で、周瑜が劉備を評して言った「戦場ゴロ」にはかなわないけど、これもかなり辛辣な劉備評。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-02-09

戯史三國志 我が糸は誰を操る : 吉川永青

『戯史三國志 我が糸は誰を操る』 吉川永青

 董卓軍に攫われた少女・張鈴を救出しようと頑張る若き陳宮。救出はままならず、焦りばかりが募るある日、陳宮は張鈴と再会する。しかし、何者かとの情事の直後であるらしいしどけない姿の張鈴は、己の無力を詫びる陳宮を罵り、残酷な言葉を投げつける。変わり果てた張鈴に失望し、嫌悪を抱く陳宮。張鈴に抱いていた淡い想いは、一瞬にして深い怨みと殺意に変わる。

 ・・・それって要するに、

 「そりゃ、助けてあげられなかったけど、俺なりにものすごく頑張ったのに! その俺様を思いやることもできないのか! 少しは感謝しろよ、お前! ヒドイ! キ~ッ!」

 ってことよね? 相手は無理やり董卓の妾にされ、散々な苦痛と絶望を味わった少女ですよ。・・・う~ん。物語の序盤で見せつけられてしまった主人公・陳宮の、この「・・・サイアク・・・」としか言いようのない小物っぷりが、最後まで払拭できなかった。

 
 董卓が権力を振るう洛陽で、若き陳宮が曹操にその才能を見いだされ軍師となるところから呂布の死まで。曹操のもとで董卓を破滅させる策を練り、己では操りきれぬ曹操の大器を知るや、主を裏切って呂布のもとへと走り・・・主を変えながらも常に己が作り出すべき天下への意志を胸に抱く陳宮。乱世の大陸を舞台に繰り広げられる将たちの駆け引き、ダイナミックな戦いはもちろん面白い・・・「三国志」だから。

 その中で、覇道や王道を敷く名だたる武将たちではなく、詭道を操る一軍師の生き様を中心に据えたドラマは、ちょっとダークな刺激と色合いを帯び、「糸をひく者」として生きる陳宮の悲壮な背中には、“嗚呼、彼もまた乱世の将”とグッとくるものもある。でも・・・どうしても陳宮からは小物臭が消えないんだよなぁ。「俺」と「かつて(多分に独りよがりな)想いを寄せた少女」の問題が、「天下」の問題に直結しちゃってる気持ち悪さとか、陳宮の胸に在って、天下への思いを支えているのが、どうも自分に都合に良い妄想なんじゃないかってこととか。(だって、張鈴が命を捨ててまで伝えたかったことが「陳さん、頑張って」だけなわけないだろう。)

 己が思い描く天下のため、曹操を、呂布を操ろうとして操りきれず、全力をふり絞って策を練るも、結果的に数々の失敗と悔いを重ねてしまった陳宮の生き様を、ラスト数ページですごく清々しくまとめ上げてしまったのが、逆に残念な気がする。後悔を残し、汚れたままに終わらせてあげた方が、陳宮の男が上がったんじゃないかなぁ。





あ、文庫化されてる。 



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-01-05

秘帖・源氏物語 翁‐OKINA : 夢枕獏

『秘帖・源氏物語 翁‐OKINA』 夢枕獏

 光の君が奏でる楽の音につられて姿を現わす妖しきものたち。精霊とも、鬼とも、神とも呼ばれる、普通の人には見えないそのものたちを、木や、石や、水や、花といった自然のものと同じように感じ、見る光の君。血の色が透けて見えそうな白い肌と紅い唇、その口もとに浮かべた笑み。何となく、岡野玲子氏の描く『陰陽師』安倍晴明の姿を思い浮かべる。


 賀茂祭見物の折の車争い以来、高熱を出し臥している葵の上に憑いた悪しきもの~高野の高僧の手にも余る憑物を祓うため陰陽師・蘆屋道満が呼び寄せられる。道満の術によって葵の上の中から現れた正体不明の憑物は、光の君を試すようにある謎をかけて消えてゆく。
 
 謎の答えを求めるべく、蘆屋道満に導かれ、夏焼太夫、虫麻呂、青虫、三人の呪師の手を借りて、都から唐、そして遥か西域の神々の世界をめぐる、冷ややかに美しい光源氏の大冒険?!

 冒険の中で語られる、人に祀られた神や仏の来歴、秘密、そして、そのスピーディな展開は充分に刺激的ではあるのだが、光の君一行の眼前を過る神仏の姿 ~ 牛頭天王、賀茂祭の猪頭、都の大路を行く百鬼夜行、弥勒菩薩を祀る太秦寺に秘された神、獣の頭を持った異国の王子の神話は、次々と流れゆく車窓の風景のようで、「京極堂の蘊蓄」の長大さに慣れてしまった身体には、何だかあっさりしすぎて物足りなくも感じられる。

 また、蘆屋道満に導かれた光の君が最後に対面する「翁」~本作品のタイトルでもあり「全ての精霊の王」と総括される「翁」がいかなるものであるのか、その肝心のところが理解できないというか・・・上手くのみこめなかった。

 ・・・と、読後モヤモヤしていたら、中沢新一氏が「石神」「翁」について考察した、タイトルもズバリ『精霊の王』という本があることを知った。また、秦氏(本作で光の君と神仏めぐりの旅をする蘆屋道満は秦氏の血をひく)と「翁」の関わりから攻めるなら、梅原猛氏の著作に『うつぼ舟Ⅰ  翁と河勝』というのがある。このあたり読んでみよう。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-12-01

たむらまろさん : ユキムラ

『たむらまろさん』 ユキムラ

 「坂上田村麻呂」・・・歴史の授業中、征夷大将軍という肩書とあいまって、凛々しく雄々しく猛々しく・・・古代の、というよりむしろ異世界のロマンをかきたてるその名前だけで、ちょっと好きになってしまいそうだった。

 こういうコミックが存在するってことは・・・そんな少女の淡い想い、っつぅか妄想ってのは割と普遍的なものだったのか、それとも、かなりピンポイントなところを狙いすまされたのか・・・。

 有能な上司?に鼻面を引き回され、デキる友人に助けられ、とぼけた部下に足をひっぱられながら、呪いと怨霊に怯えすぎな帝のお世話に日々手を焼くたむらまろさんの日常を描いた宮廷コメディ。

 田村麻呂が心を寄せる蝦夷のアテルイ、モレも後半に登場。人間ではないアテルイと相棒モレ、良いコンビです。そして男前。田村麻呂とアテルイの切ない決別・・・その後の苛烈な運命を予感させます、コメディなのに。

 これ以上お話しが続くと悲しいことになっちゃうので、ここで終わってくれてよかった。





【2015.11.26追記】
この『たむらまろさん』続いていたっ↓

 

FC2 Blog Ranking

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

2011-06-29

仏像のひみつ ・ 続仏像のひみつ : 山本勉

『仏像のひみつ』『続仏像のひみつ』 山本勉

 仏像界の組織、仏像のしぐさ、服装、体型、素材、仏像の体内について、『続~』では、もう少し踏み込んで仏様の周辺にいらっしゃる仏以外~人、神、動物などの像について、専門用語を使わず易しい言葉で語られる。

 仏像の姿からその仏様が組織のどのあたりに属しているのかがわかり、素材や体型の特徴からいつの時代に作られたのかが推測できる。仏像を見る上で基礎となる知識を少し持っていることで、その先にあるものへと興味をすすめることができる ~ 仏教の考え方だとか、仏像に込められた人の想いとか。

 衣服を脱いだ仏像の裸体を見せてしまうという奇抜なこともやりながら、語り口はとても易しくて抵抗なくのみ込めるのだけど、難しい漢字の並んだ仏の名やマントラを口にすることに快感を覚えたり、仏が結ぶ秘密めいた印相に興奮したりする向きにはもの足りないところもあるかもしれない。

 そういう私も、仏像そのものというよりも、『仏教という宗教がつくりだした、さまざまなお話のキャラクター』としての仏像に魅かれてしまう方なので、仏像単体のひみつよりも、彼らが属する物語の秘密の方を知りたいと思ってしまうのよね~。

 物語のキャラクターとしての仏像という見方をするなら・・・
こういうのもアリかもしれない→『The Quest For History 仏像イラストガイド』




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 仏像

2011-02-05

江戸歌舞伎の怪談と化け物 : 横山泰子

『江戸歌舞伎の怪談と化け物』 横山泰子

 怪異・怨霊・化け物・・・かつては宗教的な事柄や畏怖の感情と結びついていたものたちを、娯楽の対象として消化していった江戸の時代精神、都市文化の諸相を紹介、考察する。エンターテイメントとしての恐怖を生産する現場としての歌舞伎が語りの中心となるので、江戸歌舞伎雑学としても楽しめる。

 江戸の怪談物には“女の化物”“化ける女”の怪が多い。そういうことについて、最近読んだ堤邦彦氏の『女人蛇体―偏愛の江戸怪談史』では、“蛇と化す女”を巡る論考を『恋愛の狂った果実ほどに妖しい魔境はないのだから。』という言葉で締め括れるお気楽さ(「それは男の考え方よ」という娘からのつっこみが付されてはいるが)が少々不快でもあったのだが・・・。

『産女を可能な限り刺激的にグロテスクに、つまり不気味な他者として表現することができるのは、男性ならではの感覚だと私は考える。』


 本書(鶴屋南北の『東海道四谷怪談』とメアリー・シェリーによる同時代の怪奇小説『フランケンシュタイン』の中から「出産」というモチーフを抜き出して比較した章)で語られる“女の化物”についてこのような言葉は、女性からしたら、“そりゃあ、その通り!”なんである。

『女性は男性より執着心が深いから、男性の幽霊より多い、と言われても……。』


 ・・・まったく、、、困ります。

 しかし、江戸時代とは社会の様子も随分と変わった現代、今後また“化ける男”の怪談の台頭はあるのか?


 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-01-26

歪み真珠 : 山尾悠子

『歪み真珠』 山尾悠子

 蜃気楼というのは巨大な蛤が吐き出した気が形を成した楼閣だというけれども、ここに収められた掌編の数々も、まるで巨大な貝の見る夢があふれ出して生まれた世界のよう。

 石の台座に乗り荒野を通過する美神。人魚を殺す娼婦。水源地への途上の橋に佇む橋姫。視界の隅を侵す天使。禍々しい受胎告知。夜の宮殿で豪華な食事を食い散らかし、大理石の糞をする女王。「悪魔の誘惑を受けた聖者、というひとことで止め処もなく妄想が膨らむ者たち」・・・ははは・・・私もその一人かも。

 神々しく、怖ろしく、しかしどこか可笑し味~すべてをつきはなして笑うユーモアを含んで。

 巨大な貝の夢が産んだ歪んだ真珠。そこに封じられた世界はあまりに純潔で、汚れた指で触ろうとすると途端に変色してどろどろに崩れてしまう。少し力を加えるとパリンと砕けて散ってしまう。

 侵し難く純潔な世界。しかし、その世界を囲む結界は、背後にど~んと威容を誇るこの真珠を派生させた原典のゆるぎなく重厚な気配の前では、時に少々頼りなく、あまりに繊細・・・とも映る。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-12-15

四谷怪談は面白い : 横山泰子

『四谷怪談は面白い』 横山泰子

 日本の夏にはお馴染みの「四谷怪談」は、日本の冬の風物詩「忠臣蔵」のダークサイドを描いた外伝でもある。その「四谷怪談」をより深く、面白く観賞するためのナビ的一冊。

 お岩、伊右衛門、お袖らのキャラクター分析。お岩が醜い女になること、伊右衛門が美しい男であることの意味。この怪談の怖さの質について。「忠臣蔵」とセットで見ることで浮かび上がってくる“義士になれなかった人たち”のドラマ。・・・様々な面からの見方、楽しみ方を提示してくれる。

 じっくりと原作を読んでみれば、お岩は残酷で理不尽な夫に嬲り殺しにされたわけではなく、伊右衛門は確信犯的・自覚的な悪人ではなく、お袖は健気で幸薄い娘なばかりでもなく・・・ 彼らの関係、キャラクターだけを抜き出して見ていると、南北が書いたのとはまた別なドラマも蠢き出す。

 そして、やっぱり私は・・・直助が好きだぁ!



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ