2007-05-23

僕たちは歩かない : 古川日出男

 「僕たち」は料理人で、学校を出た後海外での修行も経験したりしていて、野心もあるし、努力も研究も怠っていない。それでも僕たちは、シェフにはなれていない。それぞれに得意なことは違うけれど、それでも「僕たち」という言葉でひとまとめになってしまえるほど、まだ何者でもない若者達だ。

 そんな何者でもない僕たちが、引き合うように「1日が26時間制の東京」に集まってくる。26時間制の東京の余分な2時間、僕たちは料理の腕を磨きあう、語り合う、不幸に見舞われた仲間のために冥界へまでも旅をする。

 僕たちは常に注意深くなくてはいけない。自分たちに与えられた“素材”に、自分たちの行動に。何かを為すために。


 「僕たち」という名のまだ何者でもない一群・・・彼らが「僕たち」として過ごす一つの時間が、「26時間制の東京」での出来事として切り取られ描かれる。そこは繭の中のようで、成虫になる前の僕たちが真摯な努力を重ね、自分に注意深く、準備を整えている。

 幻想的な中にも、リアルな力強さと緊張感のある、良い感触のお話だった。ただ、私は「僕たち」の気分にも、「26時間制の東京」という空間にも、最後までシンクロ出来なかったのだけど・・・。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ