fc2ブログ
2021-12-04

猫の傀儡 : 西條奈加

『猫の傀儡』 西條奈加

 『私はどうやら、猫の傀儡にされたのやもしれない』

 江戸・米町~通称・猫町には、人を傀儡として操って猫の難儀を解決する「傀儡師」がいる。失踪した先代・順松の後を継いで猫町の「傀儡師」となったミスジは、傀儡である駆け出し狂言作者・阿次郎を使って、町内外の猫たちから持ち込まれる事件解決に奔走する。

 とにかく「傀儡師」猫のミスジが男前なのだ。気が優しくて、知恵がまわって、度胸があって腕もたつ。その上ちょっとだけ孤独の陰もまとっちゃってね。

 ミステリー仕立ての短編連作。猫の難儀の裏には人の世の事件と哀しみ、苦しみ、切ない想いがあり・・・。そして、明らかになる先代「傀儡師」順松失踪の真相。「傀儡師」猫と「傀儡」である人との絆にじんわり胸があつくなる。


 
 そんで、これは小説とは関係のないハナシなんだけど・・・

 体調が悪くて布団に横になりながらも、猫じゃらしを手に飼い猫の遊び相手をする高齢の父の姿を見ていると・・・『猫の傀儡』って言葉が妙に沁みた・・・。 



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ