FC2ブログ
2007-04-28

文芸漫談 - 笑うブンガク入門 : いとうせいこう・奥泉光

 むむ、やたらと勉強がしたくなる本。

 文学とは何か? 文学はどうあるべきか? という啓蒙的なことを漫談として人前で語ってみようという試みを書き物としてまとめたのがこの一冊。(“フルートを吹く奥泉光氏”がやたらといじられてます。)所々わからない言葉はありつつも、楽しく読めます。

 私たちが大体において「小説」と思って手に取っているものは「活字」=「紙についたインクのしみ」の集積である。それなら「小説」はどこに存在するのか? とか、「読む」上での文化的コードの問題とか小説の中の「私」とは何者か? とか、「小説」と「物語」の違いは? とか・・・こ難しいことだけど、語り手の二人はあくまで漫談でやっているから客を“ひかせない”。お二人の痛々しいまでのウケ狙い、ネタの仕込みを楽しみながら最後まで読めば、上記の問題が不思議と分かるようになってるんです。
(「小説」と「物語」の違い・・・っていうのは「ノーライフキング」あとがきの「僕は呪われ続けたのだ。『小説を書くな。お話を書け。』と」っていう一文を読んで以来ずっと私の頭の隅にひっかかってることなので、この本でのお二人の話も食付くように読みましたよ。まだまだその違いを自分の感覚として実感するところには到りませんが。)

 この本の三人の語り手・書き手は、親切であり、挑発的でもあるので、わかる快感と共に、まだまだ分からないことがあるという悔しさも残してくれます。この快感と悔しさの絶妙なバランスによって、勉強しようという気をかきたてられるんですね。

 しかしまぁ、「人生には文学が必要だ。」「生きていれば『文学』に直面する瞬間がある。」とは言っても、“「文学」について考えてこなかったから生活に困ってしまった・・・”なんてことはまず無いわけで、それでも“ちょっと「文学」勉強してみようかな♪”と思わせてしまうこの本は、とても「娯楽的な本」と言っていいのだろうな・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ