FC2ブログ
2019-10-26

十蘭万華鏡 : 久生十蘭

『十蘭万華鏡』 久生十蘭

 久生十蘭初読み。

 欧州の街を舞台にした冒頭2篇を読んだところで、そに漂う躁的とも感じる高揚感は、渡辺温の作品に感じた都市の気分と似通っている気がして、「・・・時代、なのかなぁ・・・」と思う。

 ただ、渡辺温の小説には、都市の光と共にある闇や陰鬱さを描く暗いトーンがあったのだけど、十蘭の方は情愛、悲しみ、奇妙、不可解、滑稽、恐怖・・・何を書くにしても、ずっと目を見開きっぱなしでいるような異様なハイテンションと緊張感が続いていて、いったい何が起きているのか・・・と眩暈がしてくる。そして、ぐるぐると目を回している私を振り落として語りは終わる。


渡辺温『アンドロギュノスの裔』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-561.html


 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ