FC2ブログ
2019-09-28

歌右衛門伝説 : 渡辺保

『歌右衛門伝説』 渡辺保

 六代目歌右衛門の名は、いつからといくことはなく昭和の名女形の名前として頭にあったが、私はその舞台での姿を観たことはなく、私の中にある六代目歌右衛門イメージといえば、橋本治の描いた役者絵の姿なのである(『橋本治歌舞伎画文集―かぶきのよう分からん』)。描かれた歌右衛門は物語の住人そのままの、どこか現実離れした異様さを漂わせて見えた。

 そんなイメージが頭の中にあったから、著者の本書に先立つ歌右衛門論『女形の運命』を読んだ時には、著者の言う「歌右衛門の近代性」ということを半ば無視していたような気がする。

 本書は改めて、「歌右衛門が近代的な役者である」ということからスタートする。歌右衛門の「近代性」をもって演じられてきた役が、歌右衛門の老いていく身体と共にどのように変化を遂げていったか。精神性を深め、不自由になっていく身体と向き合って生み出された役が、合理性も物理的な存在も超えた「幻想」へと昇華されていく様を、著者は自らの見てきた歌右衛門の中にかみしめる。


 観劇経験の浅い私でさえも、歌舞伎を観ていると、理屈や言葉を超えて、まるで雷に撃たれるように、あるいは肌から染み入るように何かが「わかる」瞬間や、物理的には見えないはずのものが、舞台の上に幻のように、またはありありと「見える」瞬間がある。

私は、その陶酔感のなかで、不思議なものを見た。

 本書は、長く舞台をみてきた著者の、言葉を超えて「わかる」、見えないものが「見える」感覚に満ちている。著者が歌右衛門に「見た」ものとの長い時間をかけた真摯な対話である。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ