FC2ブログ
2019-08-24

オリガ・モリソヴナの反語法 : 米原万里

『オリガ・モリソヴナの反語法』 米原万里

 1960年~64年少女時代の数年間をプラハのソビエト大使館付属学校で過ごした志摩。志摩が通うソビエト学校には殊に印象深い二人の女教師がいた。派手な1920年代ファッションに身を包み独特の反語法を駆使して厳しく巧みに生徒を指導する舞踊教師オリガ・モリソヴナと、19世紀風の古風なドレスを身に着け、志摩を見つける度に「中国の方?」と尋ねてくるフランス語教師エレオノーラ・ミハイロヴナ。二人はソビエト学校の中で飛び抜けて個性的であると同時に多くの謎を秘めた女性だった。

 志摩は敬愛するオリガとその友人エレオノーラの謎を解くべく、ソ連崩壊後のロシアに赴く。

 資料をあたり、当時を知る人をたどり、話をつなぐうち明らかになっていく二人の波乱に満ちた過去とソビエトの暗い歴史、残酷な事実。謎を追うごとに明らかになっていくのは耐え難い暴力と不条理に満ちた現実と、それにさらされた人たちの痛苦、悲嘆なのだが・・・。

 それでも行間に溢れるのは、その地に息づく文化の豊かさであり、そこに生きる人々の暮らしの微笑ましさや愛しさである。そして、それらを凝縮したものこそオリガ・モリソヴナの反語法であり、オリガの生き方だったのだ。 




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オリガ・モリソヴナの反語法』

米原万里 『オリガ・モリゾヴナの反語法』(集英社文庫)、読了。 これは、凄い小説でした。 最初、いつもどおりエッセイだと思って買ってきたのですが、 読んでみたらフィクションの態をとったものと分かりました。 ただ、米原万里さん自身がプラハ時代の同級生たちを追ったエッセイを 先に読んでしまっていたので、全て読み終えた今でも、 本作が小説なのか、判断がつかない状況です。 しかし、そんなことは関...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ