FC2ブログ
2019-06-08

Self-Reference ENGINE : 円城塔

『Self-Reference ENGINE』 円城塔

 んんん~~・・・これ、私に感想書けるのかなぁ。正直、これらのお話が語られている世界(宇宙?)がどういうことになっているのかイメージできていやしないし、言葉の意味すらわからなくて、なんとなく読み飛ばすしかなかったとこもあるし。

 しかしなぁ、いまのこの、切ないような・・・寂しいような・・・ウェットな心持ちは何なんだろう?

 本を閉じて思い返してみると、お話を読むというより、次から次へと、それ自体誰かの見ている夢かもしれない夢を見ていたような・・・そんな感じがするのですよ。 

 時間がまっすぐ進むのをやめて、粉々に砕け散った時空間が好き勝手に増殖する中、自然現象なみの計算能力を誇る巨大知性体たちは、この事態をどうにかするべく休む間もなく計算を続けていて。無茶苦茶になってしまった時間と宇宙の中でも人間たちはいくらか健在で、あらゆる方向、あらゆる時に向かって何かを目指して走っていたりして。

 そんな、際限なく生み出されるお話 ~ 人間と巨大知性体たちのなんでもあり、なんにもなしの大冒険を、それこそ夢の中のような奇妙なリアリティで目の当たりにして・・・


 「あぁ、夢だったのか・・・」なんてちょっと虚脱しながら、夢の感触を追っかけたくなるってことは、見ていた夢の中に心惹かれるものがあったってことなんだろうなぁ。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ