FC2ブログ
2019-01-26

歌舞伎の見方 : 渡辺保

『歌舞伎の見方』 渡辺保

 渡辺保氏の書く歌舞伎の本を読むのが好きだ。

 歌舞伎としっぽり深い仲である渡辺氏の言葉が、様々な気づきを与えてくれたり、私が歌舞伎を観て感じている言葉にならないモノに形を与えてくれたり、歌舞伎が滴らせる情感を伝えてくれて刺激的だから、というのも理由の一つだが、一番の理由は多分、書き手である渡辺氏の「内なる歌舞伎」が魅力的だからってことだと思う。

 渡辺氏が書くもの中心には「歌舞伎が好きな著者自身」がいて、「自分はなぜ歌舞伎に魅かれるのか」「自分を魅了する歌舞伎とは一体何なのか」「そもそも自分は何を見たのか」と問うている。

 本書では『一人の観客 ー 私(著者)自身の自己解剖』として歌舞伎の楽しみ方を書くことが明言されているが、他の著書でも客観的な歌舞伎解説というよりも自身の内面へ問いかけるような視線を感じることが多い。

 そうして綴られる言葉を読むうち、氏の『内なる歌舞伎』に巻かれていくような妖しい感覚が萌す。もちろん氏の『内なる歌舞伎』をはっきりとこの目で見たり、共有したりなんでことはできるわけもないのだが、名優たちの至上の一瞬とそれを目にした著者の陶酔が渾然一体になった『内なる歌舞伎』の存在と、そこに凝らされる著者の視線を思うと、くらくらと目眩めく感覚にとらわれるのだ。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ