FC2ブログ
2018-08-25

本読みの獣道 : 田中真澄

『本読みの獣道』 田中眞澄

 寺田寅彦の随筆集『懐手して宇宙見物』『太宰治 滑稽小説集』がとても良かった「大人の本棚」シリーズ。

 広大な書物の森の道なき道に分け入って、時には生い茂る木々の枝葉に身体を傷つけ、ぬかるむ道に足を滑らしながらもワイルドに突き進むワクワクな読書エッセイが楽しめるかと思ったのだが・・・。

 家に買い揃えられた子供向けの文学全集に始まり、年齢に応じて読むべき書物に恵まれて、またそれらを充分に感受して生い立った著者の読書道は、本書のタイトルから私が期待したようなワイルドなものではなく、折り目正しく教養的な匂いがする。

 親に買い与えられる本を卒業し、ジャンル問わず多種多様、雑多なものを読むようになってからも、読み終えた膨大な書物はそこらへんに雑然と積み上げられているのではなく、身体の中の本棚の在るべき場所にきちんと収められているのだろう。喫煙文化、風俗の諸相や、鉄道・駅をめぐるあれこれを書き留めた二篇はそんな体内の本棚があって生まれるエッセイか。

 著者の読書には独自の作法があり、その作法に対する自負も相当なものと感じる。もしかしたら分け入ったときには獣道であったかもしれない場所も、氏が通った後にはその作法に則って整地され、生い茂る木々も剪定されている感じ。

 日々の楽しみである古本屋めぐりの様子とその収穫の記録「ふるほん行脚」の章も、古本屋めぐりの楽しさや、様々な書物との思わぬ、または念願の出会いの喜びよりも、そうした著者の作法や自負の方を強く感じてしまい、数ページ読むごとにしんどくなってしまう。

 ・・・と、あまりすっきりしない気持ちで読み終えたが、巻末の稲川方人氏による解説を読んで、私の読みようはあまりに表面的であったと恥じる。

 実は、この本を手に取ったのはタイトルに惹かれたのもさることながら、表紙に「稲川方人解説」とあるのが決め手だった。大槻ケンジの詩集『リンウッド・テラスの心霊フィルム』に寄せられた、愛情深く、また予言のようでもあった稲川氏による解説「いつか行ったサーカスを」は、私にとって忘れられない一文なのだ。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ