FC2ブログ
2018-06-23

関ヶ原 : 司馬遼太郎

『関ヶ原』 司馬遼太郎

 昨年、岡田准一の三成、役所広司の家康で映画化された『関ヶ原』。その宣伝文句に『正義vs.野望』と大書されていたのだけど、映画を観たあとも、「関ヶ原の戦いって『正義』と『野望』の対決なんて単純に割り切れるのか?」って喉に小骨が刺さったような心地がしていたもので、原作ではどう描かれているのか確認しなくては! と思っていたのだ。

 読み始めた動機が↑のようなことだったので、純粋に小説を味わうというよりも、小説を通して映画を思い出し反芻するっていう読み方になってしまった(主に島左近の渋かっこ良さとか、福島正則の破落戸ぶりとか・・・この二人は原作のイメージを見事に体現)。

 日本史に残る一大合戦の裏に作者がみた人間悲劇、もしくは喜劇。三成と家康を大将とした対決は『正義vs.野望』というよりも『(三成なりの)正論vs.正論では動いていない現実』という様相。映画の三成は演じる岡田准一くんのカッコ良さでなんとか一方の大将の押し出しを保っていたけど、岡田くんのルックスを持たない小説の三成はどうやっても家康の敵ではない残念感が濃いのが愛嬌。

 日本を二分した合戦に向けて様々な人の行動、思惑が行き交い、渦巻くダイナミックな群像劇。自分の都合で好き勝手に動く人の群れがいつのまにか東軍、西軍の流れをつくっていくさま、あまり悲愴になることなく、どこかさばさばと明るさすら感じさせる力強さで描かれるこの小説の雰囲気は映画の中にもよく再現されていたのではないかと感じた。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ