FC2ブログ
2018-01-06

ペルシャの幻術師 : 司馬遼太郎

『ペルシャの幻術師』 司馬遼太郎

 平原を駆け、砂漠を踏破しアジアを席巻する剽悍な蒙古の軍勢。幻術を操る怪人。時間を遡行し、アジアから西域へとつながる道をたどり遥かな歴史を幻視する目。様々な煩悩と想念渦巻く呪術合戦。その異能を武器にして戦国の世を渡る忍者。

 東南・中央アジア、西域、平安や戦国の日本を舞台に、土と血の臭いのする逞しくおおらかな生命力と、その濃厚な生命力を源とする不思議な幻想味を感じさせる短篇集。

 長い間、私の「読みたい本リスト」に入ったままになっていたこの短篇集。作品自体を楽しむのももちろんだけど、この作品を通して、宇月原晴明の『黎明に叛くもの』 ~ 自分以外の何ものをも恃みとせず、顧みず、傀儡人形の果心のみを供にペルシャより伝わる妖術を操り、ひとり戦場に暗躍する松永久秀の孤独と純粋さがいっそ可憐にも思える戦国伝奇小説 ~ を反芻したいというのも読書目的のひとつでした。

『黎明に叛くもの』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-356.html

 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ