2017-05-27

風の如く 久坂玄瑞篇 : 富樫倫太郎

『風の如く 久坂玄瑞篇』 富樫倫太郎

 先日読んだ『風の如く 高杉晋作篇』の前にあたる作品。松陰の処刑後から蛤御門の変まで。「久坂篇」とはなっているが、前半はむしろ高杉晋作の言動の方が目立つし、久坂の目線、主観でストーリーがすすむわけではなく、シリーズを通して配された風倉平九郎という人物の目を通して語られる群像劇という趣。

 登場人物たちの心情にあまり踏み込まず、作者の解釈や思い入れをたっぷりと織り込むこともなく、淡々と起きた出来事と人々の行動を語る書きぶりは少し物足らないとも思えたが、そのさらりとしたところが嫌味のない読みやすさとなっているのかもしれない。よけいな味付けなしに素材を自分なりの楽しみ方で味わえる・・・という。

 しかし最後の「蛤御門の変」ではさすがに濃い色が滲みだす。周囲で繰り広げられる戦闘の銃撃、砲撃、剣戟、燃え盛る炎の音を背景に、戦には向かない玄瑞の人となり、それでも内裏に進撃し何かを成さねばと足掻く姿が鮮烈に描かれる。無惨な敗戦の中から生き残ろうと歯を食いしばる平九郎たちの志は「高杉晋作篇」へとつづく。

『風の如く 高杉晋作篇』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-768.html



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ