2017-03-25

星を継ぐもの : ジェイムズ・P・ホーガン

『星を継ぐもの』 ジェイムズ・P・ホーガン

 人類の目の前に現れた巨大な謎を科学的な手法、思考で解明していく理知的なストーリーでありながら、読み終えての全体的な印象は「夢見るような物語」だった。

 月面で発見された宇宙服を身に着けた死体。どの月面基地にも該当者のいない正体不明の死体は「チャーリー」と名付けられ調査が開始されるが、そこから導き出されたのは「チャーリー」の死亡時期が5万年前であるという驚愕の事実だった。

 現人類にそっくりの身体と、現人類より進歩した科学技術を持つ「チャーリー」は何者なのか? その発生、進化の過程は? 彼らが築いたであろう文明の痕跡は? 生物学、物理学、数学、言語学・・・さまざまな分野の専門家、技術者が召集され「チャーリー」をめぐる一大プロジェクトが立ち上がる。

 目の前の解明されていない現象に対して、仮説をたて、データを集め、検証し、矛盾なく現象を説明できる答えを探す科学者たち。空白のパズルにひとつずつピースが配置されていく様を見ていると、あたかも自分も「チャーリー」の存在する世界に踏み込んでしまったかのような、フィクションが現実と地続きになる瞬間がある。

 謎の解明はあくまでも科学的な思考と検証によって進められるが、挿入される「チャーリー」の手記の記述や、プロジェクトのまとめ役である主人公ヴィクター・ハントが幻視するヴィジョン、物語ラストでガラクタとして打ち捨てられる「あるもの」は生々しく私たちの視覚を刺激し、感情をゆさぶる。

 最後のピースが置かれたとき、そこに描かれていたのは人類と遠く時空を隔てた生命とをつなぐ壮大なロマンだった。 
 



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『星を継ぐもの』

そのときが ふたりの 旅のはじまり ひとりじゃないって すてきなことね               「ひとりじゃないの」 天地真理 名作中の名作を記事にしようとする時、ネタバレせずに書くにはどうすればいいのか困る。悩む。 読んで下さる方がいらっしゃるのだから分かりやすく、面白く伝えたい。 読了済みの方にも面白く読んでいただきたいし、未読の方に興味をもっていただけたらとても嬉...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ