2017-02-11

天地明察 : 冲方丁

『天地明察』 冲方丁

 気持ちの良いものを読んだ。

 この世に遍く満ちる神気。驚きと感動と畏敬の念をもって世界に相対する若者の清新な姿。自らの情熱と才能の全てをもって天地に触れる幸福。

 算術と星に魅せられた煌めく才能を持つ若者・渋川春海。城の碁打ち=安井算哲としての自分に飽き足らず、真の己の発露の場を願う春海が戦うことになる生涯をかけた大勝負。

 「改暦」という国の一大事業によせて、玄妙なる天地の運行、数理の美しさ、それらに魅せられ真摯に挑む人々の姿が描かれる。時と人と縁と才能に恵まれて、天と地と時を相手にした勝負に自分を発揮し尽くし、事を成就させるとともに、長年夢見た自分だけの居場所〝春の海辺”に至った春海。かなり理想化されたエンターテイメント小説だとは思うけど、「世界」と「人」の美しさにこれでもかと泣かされる作品だった。

 ・・・ただ一方で、新しいものを理解せず、変化を受け入れず、旧いものへの愛着を捨てられないものへの作者の態度があまりにそっけなく、冷たく感じられるのには少し寂しい思いがした。


 北極出地の旅の場面をはじめ、映像がありありと浮かんでくる作品だったので、映画も見ようかな・・・とキャストを調べたら、孤高の算術家・関孝和役が猿之助さんだった。見ねば。

 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『天地明察』

冲方丁 『天地明察』(角川文庫)、読了。 今年の年またぎ読書はこれだな・・・・・と思って読み始めたのですが、 あまりの面白さに一気読み! 年内に読み終わってしまいました(笑)。 江戸幕府、武家文化から官僚文化への過渡期、 その中で碁打ちの才能で仕官している主人公、 算術、天文学、観察と仮説と検証の自然科学、 もうとにかく、様々な興味深い要素がちりばめられており、飽きませ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ