2017-01-07

人生は賢書に学べ  読み切り 世界文学 : 著・山本史郎 イラスト・大竹守

『人生は賢書に学べ  読み切り 世界文学』 著:山本史郎 イラスト:大竹守

 この本を読むべきか否か、かなり迷ったのだ。世界の名作をあらすじで読んでしまっていいものか? だから、手に取って読み始めた後もずっと言い訳を考えていた。

 なにごともやらないよりは、やった方が得るものがある(多分)・・・よね?
 
 そもそも私は、外国文学なんて小さい時分にお子様向け世界名作全集的なものを読んで以来ほとんど読んでこなかったんだから、たとえあらすじだけでも読んでおくにこしたことはない・・・と思う。

 ゆるぎない世界的名作といっても、若いうちに読んでこそ大きく響くものがある作品ってのはあるはず。今さら読んでも遅そうな作品をあらすじだけ読んですましちゃうってのもいいんじゃない? 残りの人生で読める本の冊数なんて限られてるんだしさぁ・・・。

  ・・・とか何とか。

 実際、あらすじだけで何かをキャッチするためにはかなりの想像力が必要なわけで、「グレート・ギャッツビー」なんかは、あらすじを読んだだけではいったいなにが何なんだか、どのあたりがいいとこなんだかちんぷんかんぷん。「異邦人」や「百年の孤独」や「戦争と平和」のように、あらすじを読むだけでそれぞれに、すべてに倦んだような気分や、なんだか過剰に溢れ出るもの、大河ドラマのようなスケールの大きさと重層的なストーリーの厚みを感じさせるものもあったけど。 

 「若きウェルテルの悩み」「白鯨」「ライ麦畑でつかまえて」「百年の孤独」「戦争と平和」「ホビット」「神曲」「レ・ミゼラブル」他、18篇を収録。「読んだ方がいいんだろうな。」と思った作品はいくつかあった。でも、実際に読めるかどうかは・・・わからない。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ