2016-12-14

忠臣蔵 もう一つの歴史感覚 : 渡辺保

『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』 渡辺保

「忠臣蔵」はなぜこれほどうけるのか。「忠臣蔵」をつくったのは本当はだれなのか。
 
 歴史的事実と人々の幻想が綯交ぜになって生まれた「忠臣蔵」という物語そのものを狂言回し的な位置に配して、そこに関わった人々の姿、生き様、そこで起こった出来事をたどり、その深層を見つめる。

 武家社会での出来事に「金」と「恋」という市井の感覚を持ち込んで忠臣蔵の基となる芝居を作劇した吾妻三八。歴史上の大石内蔵助を芝居の大星由良之助へとつくりかえ完成させていった宗十郎、菊五郎、九代目團十郎の芸と精神。おかるを演じてその恋を体現し自らも恋に生きた中村松江。竹田出雲ら竹田一族がからくりの技術を通して得た世界観とドラマづくりのシステム。元禄十四年三月十四日、元禄十五年十二月十四日、元禄十六年二月四日、それぞれの日に現実の世界で起きた出来事。

 ひとつひとつが「忠臣蔵」をめぐって息づく小宇宙。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ