2016-10-22

青蛙堂鬼談 : 岡本綺堂

『青蛙堂鬼談 - 岡本綺堂読物集二』 岡本綺堂

 「青蛙堂主人」を名乗る好事家に招かれた男女が一つずつ怪談を語るという体裁で十二のお話しを収めた『青蛙堂鬼談』と、附録として「梟娘の話」「小夜の中山夜啼石」の二篇。

 タイトルは「鬼談」となっているが「奇談」とも「綺談」とも呼べそうな、不可思議で怖ろしい、とともにどこか風雅の香りのする怪談集。

 往来の多い渡し場のある利根川の岸に立つ座頭(「利根の渡」)。夏~秋~初冬と移っていく信州の山の季節感(「兄妹の魂」)。上野広小路の道端に薄い蓙をひいて夜店を出す落ちぶれた浪人風の男(「猿の目」)。満州の戦地の村の柳(「窯変」)。竹藪が繁り狸や貉の棲家であった明治半ばの新宿あたりの様子(「黄い紙」)。月夜に冴える笛の音と月光に照らされる芒の河原(「笛塚」)。泣き弱ったこほろぎの声がきこえ、九月の末でも火鉢をひき寄せたいくらいの夜寒がしみる白河の旧家の奥座敷(「龍馬の池」)。

 情景の描写が鮮やかで艶めかしく、昔の歌や物語の舞台になった土地に心が旅するような楽しみもある。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ