2016-09-24

その日の天使 : 中島らも

『その日の天使』 中島らも

 久しぶりにらもさんのエッセイを読む。この本自体は初めて手に取るが、内容はほとんど他のエッセイ集などに収められていたもので、何度か読んだことがあるものが多い。

 10代の後半から所謂「大人」になる頃までらもさんのエッセイをたくさん読んだ気がする。もうゥン十年も前のことなので、いつ何を読んだとか細かいことは覚えていないのだけど。思えばその頃は、私もそれなりにうっすらとした暗黒の中にいて、その中でらもさんの言葉を読んでいた。私の魂の何割かは、らもさんの言葉で養われたと思っている。

 ・・・と、私の血肉の一部とすら思っていたらもさんの言葉なのだが・・・、久しぶりに読んでみると何だかよくわからない・・・のだ。この言葉たちは、らもさんの何処から、らもさんが何を想って・・・生まれたのだろう? らもさんは何を見ていたんだろう?

 あの頃の私には、らもさんの言葉がわかっていたんだろうか? 独りよがりな共感をしていただけなのかも知れない・・・けれど、今よりは「わかって」いたようにも思う。らもさんの言葉の中に感じる、らもさんの「きれいさ」に私は救われ、守られ、養われていたのだろう。

 ユーモア、笑い、苛立ち、怒り、絶望、恋愛、病、薬物、中毒、仕事、生活・・・色々なものを語る言葉の中からキラリとこぼれる「美しいもの」に胸をうたれる。

 らもさんは私の天使だ。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ