2016-08-27

シン・ゴジラ

『シン・ゴジラ』  監督:庵野秀明

 かつてゴジラ映画に夢中になった少年であり、今もゴジラを愛するおじさまである私の絵の先生が「良かった」とおっしゃっていたので観てみる気になった。

 「ゴジラ」にはたいして興味がなく、私にとって「ゴジラ」とは半ば「商品化されたキャラクター」だった。が、この作品の中のゴジラは「わけのわからない怖いもの」だった。ゾッとした。

 以前、山本弘の小説『MM9』の感想にこんなこと↓

 『人智を超えた怪しいものが人間世界に侵入し人々をパニックに陥れる「怪獣小説」としても、「気特対」職員たちの日々の活動と奮闘ぶりを描いた「お仕事小説」としても、「怪獣」という存在をいかに説明づけるかという「SF小説」としても面白い。』

を書いたが、『シン・ゴジラ』も「わけのわからない圧倒的恐怖」を描いた「怪獣映画」であり、政治家たちや自衛隊、米軍の仕事ぶりを描いた「お仕事映画」であり、「ゴジラ」を科学的に理屈づけた「SF」であり、自分の知識と能力に自負を持つ普段は煙たがられてる専門家(オタク)たちの活躍ぶりが痛快なエンターテイメントであり、複合的に面白い作品だった。さらに、SFと神話的、観念的な世界が近接してる風味があとをひくというか・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ