2016-05-14

宇喜多の捨て嫁 : 木下昌輝

『宇喜多の捨て嫁』 木下昌輝

 こういうのが読みたかったんだぁ~~っ!

 城主にまつわる黒い噂を少し控えめな調子で記した展示板を岡山城の天守閣で目にした時から、その城の主であった宇喜多直家には、もやもやした暗い興味を感じ続けていて・・・

 「直家の話が読みたいっっっ!!」 とにかく直家を主役にした小説を探して読んだ上田秀人『梟の系譜 宇喜多四代』での直家は私の期待に反した「いい人」で、「う~ん・・・、そういうんじゃなくて・・・」とぶすぶす燻る不満を託っていたのだ。 
 
 あ~でも、この直家は・・・いい。とても、いい。哀しく、妖しく、禍々しく、業の深い「悪人」だ。

 謀略のための捨て駒ならぬ「捨て嫁」として美作の後藤家に嫁ぐ直家の四女於葉の視点から直家の悪辣で非情な姿が語られる「宇喜多の捨て嫁」を皮切りに、誰とも知れぬ怪しい声が幼少の八郎(後の直家)に語りかける「無想の抜刀術」、妻を娶った直家の小さな幸せとその無惨な結末「貝あわせ」、主家である浦上宗景、その嫡男松之丞と直家の想い、情念がからみあう「ぐひんの鼻」「松之丞の一太刀」、直家の謀に自ら身を投じ直家の楽士となった室津浦上家家老・江見河原源五郎が石山城下で目にしたもの…「五逆の鼓」。宇喜多直家が身を置く濃い闇を、いくつかの時、いくつかの視点で切り取って描く。

 宇喜多直家はいかにして戦国の梟雄となったのか。

 妖しく、狂おしい圧を感じる時代小説に出会えて嬉しい。


≪蛇足≫
 戦国の武将が「逆に・・・」なんていう言葉遣いをするのが少し気になったりはしたが、そんなの問題じゃないと思えるほどの圧力のある小説だった。

 直家の両脇を固める二人の武闘派家老~顔中傷だらけの槍遣い岡平内、刀のような鋭い目つきに大太刀を得物とする長船又三郎、軍学に明るく聡明な富川平右衛門、色仕掛けの暗殺もやってのける美貌の刺客・岡剛介。この主従の絵面にもゾクゾクする。もし彼らが戦国ゲームのキャラクターだったら・・・数多の女性を虜にするんじゃないか。


『梟の系譜 宇喜多四代』感想…http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-647.html

 ↓表紙絵が山本タカト氏であるのも嬉しい。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ