2016-01-09

伏―贋作・里見八犬伝 : 桜庭一樹

『伏―贋作・里見八犬伝』 桜庭一樹

 「おまえもな、国に、吊城に、父上と母上に……つまりは世の中に伏せて生きていくんだ。そうやって、意思の力で、大人というものになっていくんだ。」

 人と犬との間に生まれた犬人間「伏」の起こす凶悪な事件が頻発する江戸の町で、懸賞金目当てに「伏」を狩る浪人・道節と山育ちの少女猟師・浜路の兄妹の活劇譚。

 滝沢馬琴の不肖の息子・滝沢冥途が語る、安房の国・里見の里の吊城に生まれた美しく勝気な姉・伏姫と醜く気弱な弟・鈍色をめぐる運命と犬人間「伏」誕生の物語-「贋作・里見八犬伝」。

 犬人間・信乃が語る「伏」の生き様と「伏」誕生の森への旅の果て。

 絡み合う因果の糸。人と「伏」~狩るものと狩られるものをめぐる物語。

 二十年足らずの寿命を生きる自由で気軽で狂暴で孤独で美しい、人の姿をした獣~「伏」。「伏」とはつまり我々が大人になるときに自ら手にかけて殺す自分の中の何ものか・・・哀しく愛しい人身御供・・・なのだろう。であるから大人である道節はためらいなく「伏」を殺すが、少女である浜路は「伏」に止めをさせない・・・どころか「伏」としばしの交感の時を過ごす。

 愛しいなにかを殺して大人になるための、大人になった後も自らの中の獣を「物語」として生かしておくための御伽噺。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ