2015-11-28

未刊行小説集 : いとうせいこう

『未刊行小説集』 いとうせいこう

 先日読んだ『世界の果ての庭』『ワールズ・エンド・ガーデン』の連想で、次はいとうせいこう氏の小説を。

  整理されていない記事や原稿データの詰まった段ボール数箱の中から救出された作品たち。長さも、雰囲気も、題材も、語り口も、色々。

 歌舞伎批評の言い回しで、地球人のお茶の間に様々に「襲来」してきた歴代異星人たちの「芸」を評した『江戸宙灼熱繰言(えどのそらほのおのくりごと)』。うふふふふ・・・確かに、歌舞伎の批評ってこんな感じで語られてるよぉ。リズムも言葉も独特で、劇評自体がひとつの芸!みたいな。その言い回しをきっちりなぞってスクリーンの中の異星人たちの振る舞いを歌舞伎に見立てて評する。何という手の込んだ、そしてバカバカしい遊び!とあんぐりする。でも、異星人たちの語る芸談や、その「役者の意地」を伝える逸話にうっかり感動しそうになるんである。

 『歌を忘れてカナリアに』。ポップスの歌詞をしょっちゅう忘れてしまう旅の男の言葉に誘われてカナリア諸島に向かったミハル。・・・いとう氏の書く島を舞台にした小説は「奇妙なズレ」に頭がじわ~んとして、心地いいんだよねぇ…と、南の島で無期限の休暇を過ごす男がおかしな具合に変容した童話をたれ流す『からっぽ男の休暇』や、南の島で休暇中の男が記す日記と認められる手紙の虚実が混ざり合う『波の上の甲虫』を思い出しながら読み始めた。

 でも、読み進めているうちに様子が違うことに気付く。男は歌謡曲の歌詞どころではなく自分自身のことを忘れているのであり、失われた何かを埋めるように次々と物語を紡ぐ。記憶と自分を失った男が語る物語はミハルをはじめ周囲の者たちを巻き込み魅了し…。

 これは、『ワールズ・エンド・ガーデン』『解体屋外伝』にも通じるような重苦しい「無」と、悲しみと、遠くかすかな希望をたたえた物語だった。

 
 ところで、私の手元には無残にちぎられた1冊のブックレットがある。有頂天というバンドのCD『BECAUSE』についていたブックレットの一部なのだが、ちぎり取られて私の手元にあるページにはバンドのメンバーをモデルにして書かれたいとう氏の短編『大脱走』が印刷されている。CDは手放してしまったけど、この短い小説とは離れがたくてブックレットから小説の部分だけちぎってとっておいたのだ。この短編は本作品集には収録されていなかった。


【過去記事】
『ワールズ・エンド・ガーデン』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-16.html

『解体屋外伝』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-41.html

『からっぽ男の休暇』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-456.html
  
『波の上の甲虫』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-23.html






FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ