2015-10-31

屍者の帝国

劇場版アニメ『屍者の帝国』 監督:牧原亮太郎

 今年の私の夏はすっかり『屍者の帝国』に支配されてた。文系脳ではうまく読めなかった気がする物語を少しでも理解するために理系本を読んだりして・・・。


 テレビに流れる予告CFを見た時から、「小説とは別物なんだな」とわかってはいたのだけど・・・ひと夏を費やしてもまだ消化しきれていない物語をもう一度味わいたいという気持ちにひきずられて、公開終了間際に観に行った。で、かなり満たされない気持ちで帰ってきた。

 ワトソンたちと旅を共にし通訳と記録を担当する「言葉」に能力を特化した屍者・フライデーや、ワトソンを屍者の一群を率いるカラマーゾフの元に導くロシアの諜報員・クラソートキン・・・私の頭の中では、きっちりと髪を撫でつけた有能で落ち着いた青年の姿をしていた彼らが、頼りないくらい華奢な身体に金色の巻毛をふわっふわさせた有能だけども癇のつよそうな少年(子供)にしか見えないことに、まずは違和感を感じる。でも、まぁこれは、想定される観客の年齢層より私がかなりトシくってるってことなんだろうと諦める。

 小説では、「追うごとに姿を変える謎」が屍者技術の秘密を追う旅の推進力になっていたが、映画ではそれがワトソンの「フライデーへの執着」になってしまい、物語がずいぶん単純化されてしまったような気がする。でも、まぁそう思うのも、想定される観客の年齢層より私がかなりトシいってるせいなのかもしれない。

 ただ一つ、私の年齢問題云々にかかわらず残念だったのは、「旅」の描き方。ヴィクター・フランケンシュタインの遺した「ザ・ワン」「ヴィクターの手記」を追い世界中を駆けるワトソンたちの旅、フライデーがワトソンたちと時間を共にする長い長い旅・・・。その「旅」こそがこの物語の重要な要素だと思うのだけど、この映画では、登場人物たちは「移動」はするが「旅」はしていない。出来事よりも道のりを丁寧に・・・もっと「ロードムービー」としての風情が欲しかった。


【過去記事】
『屍者の帝国』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-726.html


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ