2015-10-04

泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部 : 酒見賢一

『泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部』 酒見賢一

 あれ? 何か孔明が常識人になってる? 第三部までは「天才」とか「腹黒」とかいう人間世界の価値基準なんて超越した不気味で変態的な人物として大活躍してきたのに、第四部では真面目に堅実に蜀の国盗り&国づくりなんかしている。まるで、ちゃんとした軍師みたいだ。

 関羽の死のくだりなんて、吉川英治の『三国志』を読んだときでさえ「孔明って煙たい関羽をあえて見殺しにしたんじゃないの?」って思いたくなるような薄ら黒さが漂っていたのに、ここでの孔明は関羽の行く末を予見できず、むざむざ死なせてしまった自分の至らなさを悔やみ反省したりして・・・。

 「ちゃんとした歴史物語」っぽくまとまったこの「第四部」の中で、巻末の劉備の死の場面だけは異様だ。

 死の床にあって、蜀の国は『孔明が運んで取らせてくれた、一種の幻のような国』『まるで魔法でつくられたような、なんだかいかがわしい国であった。』と思う劉備の虚無感のようなもの。劉備と出会った日を思い『劉備を拾って、サルを人がましくしたのは、何故だったろう。』と自問する孔明の内なる「虚ろ」。

 周瑜、曹操、関羽、張飛らスーパースターが去り、魯粛、呂蒙、荀彧、夏候惇、馬超ら名のある人物たちも死んだ後、残された孔明は最後に何をカマすのか・・・。次巻が待たれる。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ