2015-08-16

フランケンシュタイン : メアリー・シェリー

『フランケンシュタイン』 メアリー・シェリー

 暑い夏には怖い話。今年は『屍者の帝国』からのつながりで、メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』です、が・・・

 ・・・いかん、感想が全部ヴィクター・フランケンシュタインの悪口になってしまう。

 家族や身内、親しい人たちに対しては善良で誠実で愛情深いが、自分が愛する価値ナシと見なしたもの(貧しい人々や容貌の醜いもの)に対しては態度を一変させて恥じるところがない。自分が何か大きなことを成し遂げ、名誉を受けるにふさわしい人物であると無根拠に信じていて、自分が賞賛に値する何事かを成すことができないという現実を受け入れられない。自尊心と自己評価は高いが、問題解決能力はからっきし。しかし、自分のダメさ、不甲斐なさを、自己欺瞞でもってロマンティックな悲劇に仕立て美しく飾り立てる言葉力だけは持ってる。

 現代であれば10代半ばで卒業してなくちゃいけない精神状態の人であると思うんだが・・・。19世紀頃にはこういう男が紳士と呼ばれていたんだろうか? 

 副題には「あるいは現代のプロメテウス」とあり、ヴィクターを人間の幸福のために禁忌を犯し、罪を負い、罰を受けたプロメテウス(プロメテウスには「人間を創造した」という話もあるらしい)になぞらえているが、彼はプロメテウスというよりもむしろ、科学の力の誘惑に負けて自らの情熱のままに行動し、結果として災厄を招いたエピメテウスではないかと思うのだけど・・・。

 作者メアリー・シェリーの中で、ヴィクター・フランケンシュタインとはどういう男だったのかな。こんな酷い災厄、痛ましい運命に見舞われるのがまったく理不尽に思われるような立派な心ばえの男だったのか、それとも周囲の人々を不幸にしてしまうダメな男だったのか、それとも・・・。

 その醜さゆえにヴィクターが忌み嫌い見捨てた怪物に繊細な心と知性があったことを怪物自身が告白する言葉の哀切さには、ヴィクター(のような男)の傲慢さ、無情さを告発する作者の気持ちがうかがえるのだけど、同時に、故郷と家族と友人と恋人と自然の美しさを愛し、夢と情熱に溢れた若者に対する尊敬と愛情も作中にたっぷりと溢れてる気がするし・・・。

 そしてまた、彼女にとっての「怖ろしいこと」とは何だったのだろう。人の情熱がはらむ狂気。自分が生み出したものがおぞましい姿で動きだすこと。怪物をこの世に生み出してしまった罪の意識。醜い怪物という存在そのもの。その怪物がどこまでも追ってくること。憎しみ合う創造主と被造物。次々と愛する者を奪われる苦痛。誰にも愛されず、理解されることもない孤独。絶望のあまりの憎悪。人間の分限をこえた行いと、そのことがもたらす災厄。科学の行き着く先。等等等・・・。

 この物語を書いた彼女は、何を「怖ろしい」と思ったのだろう。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ