2015-05-02

吸血鬼と精神分析 : 笠井潔

『吸血鬼と精神分析』 笠井潔

 物凄いタイトルにびっくりして思わず手に取ってしまったのだけど失敗した。これ、すでに数作出ているシリーズもののミステリーの中の一作だった。

 前作を読んでなくてもこれ単体でちゃんと楽しめるのだけど、探偵役の矢吹駆や主要人物であるナディア、その父のモガール警視と相棒バルベス警部にあまり思い入れのないまま読み始めなきゃいけないのは仕方がない。特に矢吹青年はかなり特異なキャラクターであるようなので、彼の推理の流儀を楽しむためにはもちろんこのシリーズに馴染んでいた方が良いのだろう。

 要塞化したアパルトマンで射殺されたルーマニアの亡命将校の事件に続き、週末ごとに発見される全身の血液を抜かれた女性の死体。事件関係者と矢吹青年の間で哲学的、宗教的、精神分析学的談義が繰り広げられる。これが作品の中でかなりのボリューム(印象としては半分以上~2/3くらい?)を占めていて、興味深くはあるのだけどそっち方面の知識のない私には少々読むのがしんどい。そもそも現象学に則った矢吹青年の推理、事件の把握の仕方というのが私には体感できないし、彼の言っていることが妥当なのかどうかも私にはわからない。

 途中で何度か「無理かも・・・」と思いながらも、頑張ってこれを読み終えればご褒美的な何か・・・驚くべき事件の真相を知る興奮だとか、夢中になれるキャラクターや、作品、作家との出会いとか・・・が得られるかもしれないと思って完走したのだけど、それが得られたかどうかは・・・



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ