2015-04-25

高杉晋作の「革命日記」 : 一坂太郎

『高杉晋作の「革命日記」』 一坂太郎

 高杉晋作が残した六つの日記~海軍修行のため軍艦丙辰丸に乗って江戸に向かう航海日記『東帆録』、文武修行のため江戸から北関東、信濃、北陸をめぐった『試撃行日譜』、世子小姓役を命じられての勤務日誌『せつ御日誌』『初番手行日誌』、上海視察の記録『遊清五録』、脱藩の罪で投ぜられた野山獄での獄中記『投獄文記』~を現代語訳で紹介。序章として「高杉晋作小伝」と巻末に略年譜が付されていて、それぞれの日記が書かれた時の晋作の置かれた状況や心情を思いやる助けとなる。

 これまで、高杉晋作の評伝などを読んで、「何しろまぁ、日記の続かない人だなぁ・・・」と思っていた。その日記の続かなさっぷりも高杉晋作という人の一端を感じさせるようで面白くもあった。熱しやすく冷めやすい激情型という面もあったのかもしれないけど、きっと晋作は嗅覚の鋭い人で、続けて意味のあることと無いことの見切りがスッパリとしていたんだろうなぁ。

 嗅覚の鋭さといえば、たった二月ほどの上海滞在で日本の置かれている危うい状況を理解した晋作の感覚のキレも並大抵じゃない。初めて訪れた外国での二ヶ月なんて、ぽやっとした人だったら物珍しさと戸惑いとわけのわからん興奮と体調不良だけで過ぎちゃうくらいの時間じゃないか? きっと。

 自分のこれまでの行動と千々に乱れる思いをひたすら反芻し内省し自らの忠誠心を研ぎ澄まそうとしているかのような『投獄文記』も凄まじいけれど、読んで「なんかいいな」と思うのは、著者も「もっとも好き」という世子小姓役としての萩での勤務日誌『せつ御日誌』だ。

 御殿での作法を習い、細々とした儀礼をこなし、親戚づきあいも密で家族思いな晋作の折り目正しい勤務ぶりを読んでいると、改めて「晋作っていいとこの孝行息子だったんだよな」と思う。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ