2015-03-07

『ホビット 決戦のゆくえ』設定画集

 気が付いたときにはもうどうしようもなく好きになってしまっていた、ということはあるもので・・・。


 昨年末、映画『ホビット 決戦のゆくえ』を見た直後は、「面白かったけど、期待したほどではなかったなぁ~」くらいにしか思っていなかったのだ。

 それが、お正月を迎えるころになって・・・ふと目の前をトナカイ(と思っていたがヘラジカらしい)、つづいて太い眉毛がよぎるようになり、「あれ?」と思ったときにはもう寝ても覚めても闇の森のエルフ王・スランドゥイルのことが頭からはなれなくなっていた!

 白金の豊かな髪、優雅な物腰、ノーブルな太眉、鹿、二刀を振るっての鬼神の戦いぶり、不敵な微笑み、傲然とした冷たい表情とその下に隠した愛情深いハート。ああ、もう、スランドゥイル王、闘いの時にはあんなに獰猛な武闘派エルフの王のくせに、あなた、なんでそんなに傷つきやすいんだ。

 「もう一度、王を見たい」「ああ、まだ足りない」・・・と、同じ映画を繰り返し見ることなんてほとんどない私が、スランドゥイルのために4回も劇場に通ってしまった。

 映画公開も終わった今、止まらないスランドゥイル愛を持て余しているっ!!! DVDを入手するまでの間(プレーヤー持ってないのにDVD買う気満々)何か王を思うよすがが欲しい・・・というわけで、本画集を購入。

 結構な大判だし値段も張るし、収納場所もお小遣いも乏しい私にとっては悩ましい買い物だったのだけど、届いた画集にはお値段以上の価値があった。実際に映像に使われたものだけでなく、映像には映らない部分のディティール、世界観を構築していく過程をスケッチやイラスト、デザイン画で見ることができ、そこに注がれた愛情、熱意、おしみなく出されたアイデアに感動する。

 何より嬉しかったのは、デザイナーたちによるスランドゥイル王の妄想戦闘シーンのイラストが収録されていること。映像化はされなかったほどの超人的な戦いぶりが素敵すぎる。添えられるデザイナーたちの言葉も熱い。

 映画にはレゴラスとタウリエルの参戦に加え、戦闘に備えて甲冑に身を固めたスランドゥイルが登場し、観客は怒りと凶暴さをまとい、輝くような真のエルフ王の姿を目にすることができます。


 ピーターから、スランドゥイルの戦闘シーンを大渦巻きのように見せたいというリクエストがありました。彼を「死の渦巻き」に見立てようというわけです。そこで彼の周りに舞い散る雪を動かして、戦いながら突き進む彼の剣が閃光を放ちながら雪と血の渦を巻く様子を描きました。


 こうした(スランドゥイルの戦闘シーンの)アイデアは現れては消えていきましたが、心の目ではこれらが上映されているところを見ることができました。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ