2015-02-07

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? : フィリップ・K・ディック

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 フィリップ・K・ディック

 死の灰が降り積もる荒廃した地球。多くの生物が死滅し人口の激減した世界。人間社会に開いた虚しい空白を埋めるのは精巧な電気動物やアンドロイドといった疑似生命。

 地球を捨てた人類の移住先である火星から逃亡した反乱アンドロイドを狩るバウンティー・ハンターのリック。人間として社会に潜むアンドロイド。人間とアンドロイドを見分ける唯一の方法が「感情移入度」を測定するテストだけって・・・。

 やたらと「共感」や「感情移入」ということに拘泥する人間たちが何だか滑稽で、むしろアンドロイドたちのあり方の方が良い意味でクールに思える・・・というのは、この作品が描かれた時代に危惧された(のかもしれない)近未来の人が直面する人間性の危機ってやつなんだろうか?

 ふと、私にとってとても衝撃的だった新渡戸稲造『武士道』の中の言葉が思い出される。

もし愛情が徳の行動に結びつかない場合は、頼りになるものは人の理性である。その理性は、直ちに人に正しく行動することを訴えるからである。


 機能不全に陥ってしまった「愛情」~「共感」や「感情移入」を、機械を使った疑似体験や動物を愛玩することで補おうとする人間も、正しく行動するための「知性」や「理性」に優れていても、その大元にあるべき「愛情」を欠いているアンドロイドも・・・どちらも哀しい・・・のかなぁ。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ