2014-11-08

魔風海峡―死闘! 真田忍法団対高麗七忍衆 : 荒山徹

『魔風海峡―死闘!真田忍法団対高麗七忍衆』 荒山徹

 槇えびしさんの『朱黒の仁』をきっかけに、中村彰彦『真田三代風雲録』、柴田錬三郎『柴錬立川文庫』と読んでみた真田モノ。荒山徹で止めを刺します。

 太閤秀吉の死が間近に迫るなか、豊臣家存続のため石田三成の命を受けて任那日本府の埋蔵金を持ち帰るべく海を渡る真田幸村と十勇士(の内の七人)。それを阻まんとする徳川家康の差し金で朝鮮に送り込まれた服部半蔵とともに悲運の王子・臨海君と朝鮮忍者・檀奇七忍衆も任那の黄金を狙い動き出す。

 ストーリーはもう・・・サブタイトルの通り。任那の黄金をめぐって延々と繰り返される、幸村率いる猿飛佐助、霧隠才蔵、百合鎌之介、根津甚八、筧十蔵、海野六郎、望月小六郎ら真田忍びと、臨海君を頂く檀奇七忍衆の死闘。物語の緩急とかおかまいなしにアクセル踏みっぱなしな感じで、なんだかとてもガチャガチャしてる。これがデビュー二作目とのことだけど、本作に比べるとその後の作品で描かれる戦いは荒唐無稽、無茶苦茶な展開に見えて実は随分洗練されていたんだなぁ。

 檀奇七忍衆の操る「それはもう忍法の範疇じゃないだろう?」というレベルの忍法が幸村一行を襲い、戦いは酸鼻を極める。荒山作品における戦闘はどんなに凄惨、無惨であっても、そこに漂う可笑しみが読んでるこちらの救いになっていたんだけど、本作にはそういう救いもない。

 わずかに可笑しいといえば、荒山作品らしく美形が安売りされているところか。しなやかな獣の如き野性的な美青年である佐助、貴族的で秀麗な才蔵、他人の顔に化ける忍術の副作用でとんでもない美貌に変じてしまった甚八、朝鮮側にも裏花郎の美童・沙羅骨忽覩、肌も瞳も唇も鼻も眉も女性美の極みにある伽耶婦人。美形といえどもこれだけ安売りされればちっとも有り難くないところが何とも・・・(佐助だけは何か特別な感じはするけどね)。

 真田幸村と十勇士が主役だろうと思って読み始めたのだけど、主役というには幸村のキャラクターがいまひとつはっきりしない。任那の黄金を狙う動機にしても、臨海君一味に比べて真田側の方が弱い・・・よなぁ。

 あれ?

 幸村は主役じゃなくて臨海君へのあて馬だったのか! 



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ