2014-10-25

真田三代風雲録 : 中村彰彦

 槇えびしさんの『朱黒の仁』を表紙買いしてしまったものの、私、真田幸村については「『大坂の陣』で凄かった人」という程度のホントうっすらとした情報と感想しか持っていない。まして、幸村以前のことなんて何も知らない。

 『朱黒の仁』を楽しむためにも真田氏に関するものを何か読んでおこうと思ってまず手に取ったのは『真田氏三代―真田は日本一の兵』という評伝だったのだけど、これはちょっと硬派すぎてちっともページがはかどらない。で、「やっぱり小説にしよう」と読み始めたのがこの『真田三代風雲録』

 武田信玄に仕えて頭角をあらわした幸隆。数多の戦国大名たちを制圧した秀吉と家康の力が拮抗する中、真田家を存続させ戦い抜いた昌幸。『大坂の陣』で凄まじい闘いぶりを見せ、その名を不朽のものとした幸村。

 それぞれに鋭い戦略眼と豪胆さをもった傑物として描かれて、アツい気持ちで読み進めることができるのだけど、あまりフィクショナルに物語をふくらませた感じはなく、戦国時代の勢力図の中での真田氏の立場、三代にわたる戦いぶりをざっくりと眺めるにはちょうど良い小説だったかも。

 それにしても、『戦国BASARA』で幸村が武田信玄にくっついているのはなんでだろう? っていう、まぁどうでもいいっちゃどうでもよかった疑問も解けてすっきりした。なるほど、真田氏って武田家の家臣となって後世に名を知らしめた一族だったのね。ホント、そんなことも知らないレベルだったのです。

 へへへ、あとは『朱黒の仁』の完結を楽しみに待ちますか。

 ちなみに私が表紙買いしたのはこちら↓角川版ですが、



掲載誌が変わったため、現在は新装版で弐巻まで出ています。



 『朱黒の仁』でも、『真田三代風雲録』でも、後藤又兵衛がかっこ良いです。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 真田幸村

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ