2014-09-27

歌舞伎のぐるりノート : 中野翠

『歌舞伎のぐるりノート』 中野翠

 あれはやっぱり『伴奴』・・・だったのかなぁ。学生の頃、歌舞伎座でまだ小さかった勘太郎さん(現勘九郎)が踊るのを観た。三階席からなので舞台はちょっと遠かったけど、小さい勘太郎さんはすでに一人前の役者の自覚を見せて、しっかりと自分の踊りを踊っていて、「この子は近い将来お父さんを超える役者になるのだろうなぁ」とごく自然に思わされた。当時のチケットや筋書は手元に残っていないし、あれが何の踊りだったのか思い出せなくなっていたのだけど、ページに添えられた「幼い日の勘太郎の『伴奴』」のイラストを見て、「あ! この感じは!」と記憶が蘇った。

 著者が見て、感じてきた歌舞伎とその周辺をめぐるコラム集。さらりと書かれたシンプルだけと達者なイラストが効果的に文章を彩り著者の感興を伝えてくれる。

 『歌舞伎的なもの』に『血が騒ぐ』著者の感覚には共感するところが多かった。特に、歌舞伎が味わせてくれる「ある一瞬」について。

 歌舞伎は最初から最後までず~っと面白くわかりやすいもの・・・というわけではないと思う。ただ、歌舞伎を観ていると時々、その「一瞬」に薙ぎ払われることがあるのだ。それはもう『なにか凄いものを見た』としか言えない一瞬。理屈だとか、人間の理解の速度をはるかにこえた凄まじい情報量が身体を雷のように貫く。著者の言う通り『それは一瞬であっても、何ものにも替えがたい貴重な一瞬』で、その稀にやってくる「一瞬」に撃たれたいがために『おうおうにして退屈』な歌舞伎を観つづけずにはいられないのだ。

 それにしても著者が「歌舞伎的なもの」の化身のように思い、何度も語っておられる六代目歌右衛門さんの舞台を観ていない・・・というのは取り返しのつかないことだ。観ようと思いさえすれば多分不可能ではなかったのに。私のバカバカバカバカ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ