2007-03-10

サグラダ・ファミリア [聖家族] : 中山可穂

 2年前、家族が入院していた病院の売店で「猫背の王子」を手に取ったのが中山可穂さんの小説との出会いでした。

 「猫背の王子」とそれに続く「天使の骨」~芝居への業を背負った女性・王寺ミチルを主人公にした2作は、久しぶりにどっぷりとのめり込める、そしてその分読むのに体力を使う小説で、読後はくたくた、小説で泣くのも何年ぶりのことか・・・といった感じでした。

 さて、今回読んだのは「サグラダ・ファミリア〔聖家族〕」。主人公はピアニストの響子。一生を共にしようと思った恋人・透子は、子供を望み響子のもとを去った。数年の後、望どおりシングルマザーとなり子供を得て、響子のもとに透子が帰ってくるが、子供の存在をどう受け止めたら良いかわからない響子。突然の透子の事故死。残された響子と、親戚に疎まれた透子の赤ん坊・桐人の前にテルと名乗る青年が現れ・・・

 「猫背の王子」が主人公・ミチルという一人の人間の中で起こる愛・執着・業・恋・切なさ・狂おしさを描いたのに対し、本作では人と人との関係の中で生れる切なさや愛おしさが描かれています。

 母を失った赤ん坊・桐人が、響子の弾く透子の匂いの染み込んだピアノに耳をかたむける場面、そしてその桐人の様子を見てさらに透子を想う響子。死を間近にした響子のパトロン(最初の理解者であり、師であり愛人でもある)梅ばあが、響子の復活となるコンサートにタキシードの正装で現われる場面。胸をぎゅうっとつかまれるようなシーンが沢山ありました。こういった切なさを描く力は改めて凄いと思います。

 でも、作品全体を読んで何か物足らない気がします。響子の人物像がはっきり見えてこない。あまりに強烈な個性を持った「猫背の王子」の王寺ミチルと比べてしまうからかもしれませんが・・・。響子が一番望むものは何だったのか? 響子にとってピアニストであることは何だったのか? ミチルさんと比べてばかりで申し訳ないけど、演劇人であることは王寺ミチルにとってはなくてはならない属性でした。響子にとってピアノはそれほどのものだったか? 響子がピアニストであることは、「30代で独身で自由業の女性は社会的な信頼が得にくい」という現実につながるばかりに思えます。
 
 桐人を養子に迎えようとする響子は、独身であること、定職についていないことを理由に桐人の親族から難色を示され、結局、桐人の成り行き上の父親(行方不明)の元恋人・テルちゃんと結婚することを決意する。桐人を養子に迎え、理解ある人に祝福され、また愛する透子の視線を常に世界中に感じながら「聖家族」となっていくのですが、そういうものなのか? このコミュニティは家族なのか? 桐人を疎んだ親族、この情けない性根をもった人々と共に築く「家族」はなかったのか? 消化しきれない思いが最後まで残ります。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ