2014-09-06

かがやく月の宮 : 宇月原晴明

『かがやく月の宮』 宇月原晴明

 『かがやく月の宮』・・・世に伝わる物語の租『竹取物語』とはあまりに異なる、それゆえに秘められてきた奇怪なかぐや姫の物語。

 大陸の西の果てから東の果ての本朝まで、各地で語られ様々に変容した日輪と月の神の神話。政治の嵐に翻弄された皇子や皇女の悲劇。華やかな宮廷文化。月に憑かれた西域の王の奇譚。不老不死の薬を練る仙術を記した書・・・様々な物語の糸を織り込みながらに描かれていく眩惑的な絵巻。誰もが知るあのかぐや姫の物語に寄添うかとおもえば、つと離れ、おとぎ話のように親しんできた物語がいつしか見たこともないものに姿を変える。

 宇月原氏の小説としては長いものではないけれど、作中にとにかく沢山の物語の欠片が埋め込まれているように思える。作中に登場した『黄漠奇聞 月神殿縁起』なる書物は稲垣足穂『黄漠奇聞』の本歌取りであることが作者自身によって記されているが、その他にもイメージやモチーフの結びつきによって多くの物語が想起される。

 すぐに熱を発し太刀や弓も持てぬほど柔弱で内省的な帝の姿は、梨木香歩の『丹生都比売』に描かれた草壁皇子のひっそりとした物語につながり、日輪の神と月の神~美しい姉宮を恋い慕う弟宮のモチーフは、山岸凉子の『月読』と重なったが、それは私の記憶や心持ちが『かがやく月の宮』という鏡に映りこんだものなのだろう。

 煌めく糸で織りあげられた錦のような、このかぐや姫の怪しの物語は、その文目に読む人ごとに様々な、沢山の物語を浮かび上がらせるのかもしれない。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ