2014-08-30

本当のことしかいってない : 長嶋有

『本当のことしかいってない』 長嶋有

 書評集・・・なんだけど、何か不思議。読んでいて一番印象に残るのが「長嶋有」なんである。

 長嶋有が気になる作家だからというのはもちろんあるんだけど、それだけじゃない。これまで好きな作家~中島らもとか、久世光彦とか、三浦しをんとか~が書いた書評集を何冊か読んでいるけど、それぞれの視点や読みをおもしろく味わった上で最終的に興味が向かうのは、らも氏や久世さんやしをんさんに沢山の言葉を語らしめた「作品」の方だったのだ、大体において。

 だけど、何でだろう? この書評集を読んでいると、取り上げられている作品よりも、色々な本を読んで色々なことを感じている「長嶋有」の方にばかり関心が向かってしまう。あとがきにも『まとめてみたら、通常の書評集とはありようが異なっていた。』『これはどこか小説のようだ。』とあった。

 取り上げられた作品についてとても繊細な読みがなされている。作品や作中人物が「している」ことでなく「していないこと」を読み、「ある」ことよりも「ない」ことに感じ入る。

 川上弘美の『光ってみえるもの、あれは』の各登場人物の間にあるのが「あなどり」であるという指摘にははっとした。私が単に「嫌な感じ」だと思っていたもの~作中で発せられる言葉の中にあったものの正体は「あなどり」。そう、「あなどり」かぁ・・・。この「あなどり」に気づかなければ、この作品の空気となっている『あなどられる人の余裕』『あなどらせることの優しさ』にも思い至れないわけだなぁ。


『光ってみえるもの、あれは』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-388.html



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ