2014-07-26

長州シックス ― 夢をかなえた白熊 : 荒山徹

『長州シックス 夢をかなえた白熊』 荒山徹

 「夢をかなえた白熊」だの、「ひょっとこ葉武太郎」だの、「腰撫で襦袢」だの、なんか人をくったような副題が並んでるのを見ると、嬉しいんだか、イラつくんだかわかんない気持ちになって、「う~ん、荒山、荒山」と唱えてしまう。

 欧州への密航留学生「長州ファイブ」には知られざるもう一人の同行者がいた。毛利公の落とし胤だという彼、白石阿定(しろいしくまさだ 通称シロクマ)がロンドンでかなえた夢とは?・・・「長州シックス 夢をかなえた白熊」

 富山藩から英語習得のため江戸に派遣された潤間寅之祐。彼の必死の体当たり英語修行と〝あの事件”との意外な関係。・・・「ウルトラ・ダラー 幕末英語教育事始」

 蛤御門の変で両手両足を失った足軽の葉武太郎は、いつしか「軍神」と崇められ・・・「シュニィユ ひょっとこ葉武太郎伝」

 身につけた者を辛抱たまらん気持ちにさせる「腰撫で襦袢」をめぐる奇妙な仇討譚とそれに熱狂した人々・・・「トゥ・バ・ビヤン 腰撫で襦袢伝奇」

 「五箇条の御誓文」はなぜ四条でも六条でもなく「五条」でなければならなかったのか・・・「ファイヴ・アーティクルズ 維新の魁」

 「ファイヴ・アーティクルズ」は「五条」という一点に奇想を盛り込みつつも、天誅組の乱の顛末を語る硬派な歴史短編だったが、それ以外の四篇についてはいつもながら、あんまりなネタの投入に「そんなバカな!」とクラクラしてしまう。しかし、どれも〝うまいことできてる”んである、嘘と史実がごちゃまぜになった幕末小話として。

 幕末という動乱の時代にも人がそれぞれものを思い、ものを食い、日々を暮した日常はあったはずで、ちょっと馬鹿馬鹿しくもあるこれらの話の裏に、そんな浮世の有様を思うと何だかしんみりしてしまう。

 激動の幕末を彩る大事件の陰に語られる・・・おもしろうてやがてかなしき法螺話。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ