2014-06-21

朱黒の仁~壱~ : 槇えびし

『朱黒の仁』 槇えびし

 本屋の店頭で見かけた表紙絵の色合いに惹かれて購入。そういえば、この作者の作品、前にも一度表紙買いしたこがある。『きみにあげる。』という、こちらはBL作品。静かで艶めかしい色合いの表紙絵に気持ちがざわざわして、何か目がはなせなくなったんである。

 さて、あらためて『朱黒の仁』。真田信之、幸村兄弟の死に様を描くという。困った、真田幸村のことってあんまり知らない。子供の頃に見たNHK人形劇『真田十勇士』がうっすら記憶にあるくらいか。

 九度山に配流となった幸村のもとに大阪城の秀頼からの使者が訪れる。大阪城入城を決意する幸村と、九度山で育ち武士としての父・幸村と自分自身を知らない息子・大助の戸惑い。

 幸村入城を喜ぶ秀頼の前でその胸の内を吐露する幸村の涙。この作品のテーマとも重なる場面か。幸村の胸にある武人としての切ないまでの熱く激しい想い。激情を秘めた幸村の、そして父の激情を受け継ぐ大助の戦いが、どこか静謐さを湛えて描かれる。

 ところで、一巻発売から随分たっているのに続きの巻を見かけないなぁ・・・と思って調べたら、掲載誌の休刊などで何度か連載が中断していた様子。が、作者のブログによると今月から「Nemuki+」で連載が再開し、コミックも改めて1、2巻が来月発売されるとのこと。

 続きを読む前に、真田氏に関する予備知識とかちょこっと入れとこう。




「Nemuki+」版↓



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

tag : 真田幸村

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ