2014-05-31

武士道 : 新渡戸稲造 訳:奈良本辰也

『武士道』 新渡戸稲造 訳:奈良本辰也

 森博嗣『ヴォイド・シェイパ』の各章扉に引用されていた新渡戸稲造『武士道』の言葉に衝撃を受けたのだ。以来、いつか『武士道』を読もうと思っていた。

 「正しい行い」を為すための規範を外部の権威や宗教的な超越者に求めるのではなく、自分自身の内に確立せしめんとする「武士道」。西洋の思想とも照らし合わせつつ、その源にある思想、侍が自らに課す身体的、精神的鍛練、「武士道」が尊ぶ「義」「勇」「仁」「礼」「誠」について語り、長い時の流れの中で、形骸化し、堕落してしまった部分もある「武士道」の中からその本質を掘り起こす。

 ベルギーの法学者ラブレー氏の「宗教教育なしに、あなたがたはどうやって子孫に道徳教育を授けるのか」という問いに答えるため、新渡戸稲造氏は自分の中に残る「武士道」の痕跡を、一度徹底的に客観視し「言葉」で再構築されたのだろう。人への贈り物を「つまらないもの」と言ったり、道で顔見知りに会った時、帽子をとったり、日傘をおろしたりするような礼儀~現在のわたしたちの中では、ほとんど生理的な反応のようなものになっていて、その意味を深く考えもしない「武士道」の名残について、氏はそこに込められた精神をきちんと言葉で取り出してくれる。

 外国人には理解されにくい「切腹」や「仇討ち」について、それがいかに「正義」「秩序」の観念と結びついたものであるか、そしてその血なまぐさい制度に不可欠な「刀」がなぜ「武士の魂」であるのかを語るくだりは、新鮮な驚きであると同時に、すっと腑に落ちるものであった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ