2014-05-03

ふがいない僕は空を見た : 窪美澄

『ふがいない僕は空を見た』 窪美澄

 もどかしい思いと様々な鬱屈を抱えてある町に暮らす男女の姿を、それぞれの視点から描いた短編連作。

 「ふがいない僕」たちにとって、世の中にはどうにもならないことや、怖いことがありすぎて、何だかちょっとホラーを読んでる気分になりかけてた上に、現実にも、第2編の「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」を読んでいるあたりで、自分の不甲斐なさを痛感させられる出来事があり、しばらくそのダメージから回復できずにいた。

 ・・・・・・世のちゃんとした大人というものは、周囲への気配りと自己主張を良いバランスで両立させて、きちんと自分の立ち位置というものを築いているのですね。そうした「ちゃんとした大人」であるために、彼らは一歩社会に出たら何事にも気を抜かずに相対しているのだなぁ。それがかなりの努力を要するものであることは、堂々と、楽しそうにしている彼らの姿からも垣間見えたのだけど、大人である彼らの姿はカッコ良かった。それにひきかえ、周りに気をつかわせてばかりいる私の不甲斐なさよ・・・。

 ・・・話が横にそれた。そんなこともあって、再認識してしまった私自身の不甲斐なさ、立ち位置の不安定さを、うっかり登場人物たちの不安定さに重ねてしまうのが嫌で、先を読み進めることができなくなってしまった。特に、「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」の主人公は、ひととおりの理屈は捏ねてみるものの、なるたけものを考えずに済む楽な選択を繰り返した結果、とても危うい安穏の中にいる主婦で、家でだらだらとマンガを読んでいるその姿には私自身を投影する要素がたっぷりあったので。

 しばらく鬱々としていたが、何とか気をとりなおして、この小説も最後まで読んだ。世の中には「ふがいない僕」らの手にあまることがたくさんあるけれども、それでも、より良く生きていこうとは思うのだ。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ