2014-03-29

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 : 森見登美彦

『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』 森見登美彦

 四月初旬に京都に行く予定である。京都には、修学旅行で2回、家族旅行で数回、学生時代に友人と1回行ったことがあるが、どれも同行者の立てたプランに沿って観光をしただけなので、いまひとつ何かを見たという実感が薄い。今回は一人旅。『森見作品の舞台になった京都』を味わうのを目的の一つにしようと思う。

 吉田山に登り、鴨川デルタに立ち、糺の森に憩い、哲学の道の桜に染まり、胴の長いケモノが振り返りそうな路地を抜け、四条大橋の上で空を見上げ、夕闇を走る叡山電車を眺めてみたい。

 立ち寄るべき場所を見出しと写真で確認し、添えられた小説の一節からその作品世界を反芻する。二つの摩訶不思議エッセイ「登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう」「京都捻転紀行」を読んで、“これから訪れるのは現実を捻転させた妄想的京都である”と、そこに遊ぶための心胆を練る。

 ただ、ガイドマップとしては少々頼りないので、実際の町歩きにはJTBのガイドブックか何かを携帯しようと思う。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「森見登美彦の京都ぐるぐる案内」森見登美彦

乙女たちよ、腐れ大学生諸氏よ、本書を片手に京を彷徨(さまよ)いたまえ。 妄想とリアルが錯綜する「京都捻転紀行」など、 単行本未収録のお宝随筆2本立て! 京都在住の写真家サカネユキさんの叙情的な写真、 イラストレーター根岸美帆さんのラブリーなイラストマップ、 そして人気漫画家・今日マチ子さんによる描きおろし画も! あの小説の、あの名場面へあなたを誘う、かつてない京都ガイド。 森見...

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

単行本未収録のエッセイはいづれも、既読でしたが、
再読できて嬉しかったです。
今度、京都に行くときは、
ぜひこの本を片手に回ってみようと思いました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

No title

藍色さま
コメント、TBありがとうございます。
この本と一緒ならちょっと不思議な京都旅行ができそうですよね。

私はこの春、行ってきました。
プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ