2014-03-22

またお会いしましたね ~ 夢幻紳士 新・怪奇篇 : 高橋葉介

『夢幻紳士 新・怪奇篇』 高橋葉介

 『また お会いしましたね』 

 帯に書かれたこの言葉に目がとまった瞬間に本屋の棚の前で金縛りにかかってしまった。それはもう、ヘビに見込まれたカエルみたいに。あの黒衣の青年の目がこちらを見ているんですから。夢見がちな娘なら誰だって、彼が目の前で名乗ってくれるのを心待ちにしてるんだから。

 魔実也氏の設定は初期の「怪奇篇」のものに近くなってるのかな。現実世界に知人も友人もいる、この世で生活してる魔物。

 魔実也氏の往くところには、自動人形の少女、沼のまわりをぐるぐる回りづつける心中者、隠れんぼの小鬼、死体の持ち物を運ぶ鴉、吸血鬼、蟲になった兄妹・・・この世の裂け目の向こう側の、妖しい、恐ろしいものたちが姿を見せるが・・・。

 『僕と一緒にいれば まったく安全というものですよ』

 謎めいた黒衣の青年に、恐ろしい悪夢から救われた女の子たちは、いつか成長して大人になっていくけれど、魔実也氏は歳をとらない永遠に謎の青年のまま。


 『またいつか どこかでお会いしましょう』

 私がおばあちゃんになったとき、また魔実也青年に会いたいものだなぁ・・・と思う。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ