2014-03-01

キアズマ : 近藤史恵

『キアズマ』 近藤史恵

 『サクリファイス』『エデン』『サヴァイヴ』と連なるシリーズを通じて築かれてきた世界の安定感を信じて一気にストーリーに入り込める。読み終えてみると、サスペンス色の強かった『サクリファイス』『エデン』とは違い、割と直球の青春小説だった。

 舞台は部員5人だけのある大学の自転車部。入学早々に関わったあるトラブルの為に自転車部に入部することになった岸田。ガラは悪いが、人懐こく、競技に関してはストイックな実力者である2年生櫻井。部長の村上、3年の堀田、2年の隈田。

 いかに身体能力が高いとはいえ、競技用の自転車に初めて乗った初心者が、曲がりなりにも何年かの経験を持つ先輩をあっさり抜き去ってしまうというのは・・・あんまりなんじゃないかなぁ、と思う。でも、そんなことよりも重要なのは、心の一部を自ら閉ざしていた岸田の前に、新しい世界が一気に開けてゆく感覚なのだろう。ガラリと景色を変えていく世界のスピードが、走り抜ける自転車のスピードに重なる。

 嵐のような激しい何かに巻かれながら、コントロールのきかない高揚感の中で様々な出来事に出会う青春の時間。嵐の時間が過ぎ去った後、何かを知り、何かを失い、それまでとは少し違う自分になる。自転車部に入ってからの1年を「今となっては熱病のようにしか思えない」と振り返る岸田が切ない。

 語り手は岸田だが、物語をひっぱるのは、何かを隠し、何かに耐えているような櫻井のどこか痛々しい姿である。彼には『青春』だけでは昇華されない、まだまだ深いドラマがありそうなのだが・・・。自転車部を去った堀田や、一見人のよさそうな隈田や村上にも秘められた感情はあるだろう。それらがいつ大小の嵐になって表れてくるのかとヒヤヒヤドキドキしていたのだが、今作では表面化することはなかった。いつか描いてくれるだろうか?







FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ