2014-02-22

聖なる怠け者の冒険 : 森見登美彦

『聖なる怠け者の冒険』 森見登美彦

 何だ? 何なんだ? この曖昧な噛み応え。

 何事もない静かな週末を愛する小和田君。充実した休日を過ごすことに血道をあげるその先輩カップル。世界一ぐうたらな探偵と、仕事熱心な助手であるアルバイトの週末探偵。アルパカそっくりの男。狸のお面に黒マントを纏った正義の怪人・ぽんぽこ仮面。彼らが巻き込まれた、ある土曜日の冒険。

 祇園祭の宵山。狸。テングブラン。入りくんだ路地。暗躍する謎の組織。迷宮化する京都の街。

 森見氏お得意の摩訶不思議な京都をしっかり味わおうと“ぎゅうっ”と噛みしめてみるんだけど、何やら曖昧な歯ごたえしか返ってこない。ん? 京都を舞台にした森見作品の魅力は、物語の背景である街自体が生き物のように生命力を持って息づいているところにあると思うのだけど、何だか今作は、その京都の街が息も絶え絶えであるように感じるのは気のせいか? 『宵山万華鏡』『有頂天家族』『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』などでこれまでに描かれた京都の街の蜃気楼を見ているような気にもなってくる。蜃気楼の中で、登場人物たちも何だかぼんやりして見える。

 結局、しっかりと噛みしめることができたのは、物語が終わるときの晴れ晴れとした物悲しさと、「孔雀の羽根が飾られた洋間(!)」だった。

 孔雀の羽根! あった! 私の記憶の中にも「昭和の風景」のひとつとして残っている! おばあちゃんの家の洋服ダンスの置いてある部屋に、こけしやフランス人形や達磨と一緒に、孔雀の羽根が数本花瓶に挿して飾られていたよ! うわ、何だこれ。記憶がものすごい生々しさで逆流してくる。あの薄暗い部屋の感じも、こもった空気の匂いも! うわぁぁぁぁぁ~!




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ