2014-02-15

鳴いて血を吐く : 遠野潤子

『鳴いて血を吐く』 遠野潤子

 プライド、男気、母性、責任感、思いやり、自己犠牲、情愛・・・そういうものが、とても嫌なかたちで結びついた結果の凄絶な呪縛の物語。そして、それぞれの想いの交叉点に隠されていた嘘が次第に顕わになってゆくサスペンス。

 天上の声を持つ歌手・実菓子と、彼女を「外道」と呼ぶギタリスト・多聞~二人は古くからの因習が生きる村で共に育った。藤の花が一面に咲き乱れる山を背負った村の旧家・藤屋の次男である多聞、かつては藤屋と張り合う名家でありながら今は没落した斧屋の娘・実菓子。

 暴君のような藤屋当主である父、父の横暴に耐えひたすら家に尽くす母、身勝手な好奇心で注がれる村の人々の視線。その中で身を寄せ合うように育ってきた多聞と心優しい兄・不動、そして藤屋にひきとられた実菓子だが、歪な家族のつながりはどうしようもなくそれぞれを蝕んでゆく。
 
 藤屋の裏山に咲く紫の滝のような藤の花や、かつての栄華は見る影もなく生い茂る草に埋もれた廃屋となった斧屋といった道具立て、息づかいごと実菓子そのものを写し取ったかのような不動の描く絵、そして「鳴いて血を吐く迦陵頻伽」とまで言われる実菓子の声の印象の強烈さに比べ、藤屋と斧屋の確執のもとになった現実的な事件について語る言葉には圧がないというか、真実味と迫力に欠け(作者はそういうとこにはあまり興味がなかったのではないかとも思わせる)、とても息苦しい家族の物語が、どこか暗いファンタジーのように感じれらる。

 藤屋と斧屋、そしてその周囲の人々をスポイルし尽したものが、必ずしも悪意ではなかった・・・そのことにわずかに救われるラストだった。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ