2014-01-11

魔界転生 : 山田風太郎

『魔界転生』 山田風太郎

 いや、もう、何といっても興奮したのは前半の山場 ~ 紀伊大納言頼宣転生のための忍体として見込まれた我が娘らを柳生の里へと逃すべく、闇夜を必死に駆け抜ける三人の老剣士の姿。美しい三人の娘を守り、裸馬に鞭をくれ、嵐をついて闇の中を疾駆するは、老いてなお紀州藩最強を誇る、田宮平兵衛、関口柔心、木村助九郎。背後には、蹄の音も禍々しく追い来る六騎の魔剣士。うぅぅぅ~ これから何が起こるのか、なんとなく分かっちゃいるけど、早く! この先を見届けたいと逸る気持ちに、ページを捲る手が追い付かないっ!

 次に息を呑んだのは物語終盤・・・ほんの数ページの登場ながら、黒々とした毒気をまきちらし、頼宣を恐怖させ、その野望と意地を完膚なきまでに圧し拉ぎ去った老中・松平伊豆守信綱のただならぬ迫力、その怪物ぶり。

 
 ヒーロー・柳生十兵衛ももちろん規格外なんだが、この二つのシーンが放つ圧倒的な闇の暗さ、禍々しさの前では・・・ 絶対に守るべき娘三人に、小さな子供まで一行に抱えて、時には姑息な手もつかいつつ大汗をかいて魔界転生衆と対決する十兵衛が「ふつうにいい人で、良識的なおじさん」に見える。と、いうか、魔人、怪人たちに対して、十兵衛だけが人間らしいのよね、多分。

 足手まといの娘と子供の命を守りつつ、魔人と化した荒木又右衛門、柳生宗矩、宮本武蔵ら転生衆を斃し、紀州藩を救う~託された仕事の絶望的な厳しさの割に、戦いの悲愴さにおいても、最初からその無惨な死に様が透けて見えてる柳生十人衆に負けてるような気がする。そんな十兵衛にせめてロマンスの一つでも・・・と思う。確かにロマンスはあったのだが、鈍い十兵衛はまったく気づかない。あぁ・・・。

 でも・・・、戦いの度に迷い、動揺し、慌てふためく「ふつうのおじさん」十兵衛の内なる欠落が、転生衆を斃す毎に深くなっていくさまが、なぜか色っぽいんだよなぁ・・・。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ