2013-11-30

梟の系譜 宇喜多四代 : 上田秀人

『梟の系譜 宇喜多四代』 上田秀人

 岡山城ってこれまであんまり気にかけたことがなかったのだけど、昨夏、青春18きっぷの旅で訪れた折、天守閣内の展示パネルの一つに城主にまつわる黒い噂が記されているのを見て、この城の主となった宇喜多直家にむくむくと興味がわいたのだ。


 主君・浦上宗景と同輩・島村豊後守の謀略により非業の死を遂げた猛将・宇喜多能家。武将としての才に恵まれなかったために、むざむざと父・能家を死なせねばならなかった興家。宇喜多家再興…祖父・能家と父・興家の怨念を背負い、城を落ちのび浪々の身となった幼き八郎~後の直家。

 岡山城の展示パネルに多少遠慮がちに記されていた直家にまつわる黒い噂。その噂どおりの毒々しい悪人ぶりを期待したのだが、商家の庇護のもとで金や物資の流れと世の中の動きを肌身で学びながら成長した直家は、物事の趨勢を見るに敏な知的な武将として描かれる。その日の食べ物にも事欠く父子二人での流浪の身から、備前だけでなく備中、美作の一部を支配するまでになったその道筋には、数々の暗殺や謀略が用いられているが、それは力と数に劣る者が生き延びるために考え抜かれた道理にかなった策であり、直家は共に辛酸を嘗めた家中の者たちを何よりも大切に思う「いい人」である。

 直家がなんだか「いい人」であるせいで、病に侵された自らの死さえも戦略として使いながら、織田に与し、毛利と対峙することに賭けた直家の、

 『小早川の信用と、宇喜多の悪名、勝つのはこちらだ。乱世ぞ。人を信じては生きていけぬ』


 という、格好いいはずの「悪党の台詞」が多少迫力に欠けるのである。直家その人よりもむしろ、直家に過酷な宿命を背負わせた能家、興家の怨念の方が怖ろしく思えた。

 直家の後を継ぎ、豊臣家の五大老になった秀家については、終章でわずかに触れられるのみ。しかも、ちょっと酷い言われようである。作者は秀家が嫌いなんですか?




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ