2013-11-09

銀河鉄道の夜 : 宮沢賢治

『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治

 中高生時代にやり残した宿題の一つ。太宰治の『人間失格』と同じく、夏の文庫フェアの時期になると無性に読みたくなって購入するものの、ひと夏読まずじまいで古本屋に売ってしまうということを何度も繰り返した一冊。

 新潮文庫版。群青色の星空にひかれた線路の上を列車が走る、学生の頃に馴染んだ表紙のものをブックオフで買った。

 
 小さく、素朴なものたちが、幸いを願って生きている世界。あまりにも小さく健気なその生命たちが思う幸いは、この世で何かの満足を得ることではなく、遠く遥かな星の中に瞬いて・・・

 「セロ弾きのゴーシュ」に、突然涙があふれてしまったのには、自分でもびっくりした。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ