2013-10-19

石田三成 ソクチョンサムスン : 荒山徹

『石田三成 ソクチョンサムスン』 荒山徹

 「大変! ハングギドラだわ!」

 「ゆけ、臘鷺守(ロウロス)!」


 滅びゆく百済の王によって、後宮女官三千人の命を生贄に封じられた百済復興の霊力。百済復興の宿願を受け継いできた近江百済党首領・石田治部少輔三成は朝鮮の地でその封印を解き、霊力を得て魔人となる。

 霊力をもって関白秀次を、太閤秀吉を操り、己の野望を押し進める三成の前に立ちはだかるは、古代より「百済復興阻止」の使命を受け継いできた柳生一族。柳生石舟斉宗厳五男・宗矩は徳川家康の懐に入り三成を牽制し、四男・宗章は果心居士との厳しい修行の果てに時空を超えるタイムマシンを駆る! 『何? 今度は遡りすぎたというのか? し、しまった!』

 飛鳥時代、戦国時代と頻繁に場面が転換するため、せっかく盛り上がってきた興奮が寸断されてしまうことはあったのだが、海を渡ってきた「百済復興」の執念を軸に、壬申の乱と関ケ原の戦を結びつける伝奇的な語りの勢い、そしてそこに「柳生」を絡めてくるタフさにはまいった。

 随所にみられる“あらびき”な感じが、荒山作品のクセになる魅力であるが、物語冒頭から引っ張り続けてきた驚異的な「霊的兵器」の存在を、関ケ原のあの歴史的場面に結びつけた幕切れは、殊に味わい深かった。


※文庫版タイトルは『柳生大作戦』となっています。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ